切り絵作家 百鬼丸さんインタビュー 2009/5/22
切り絵作家、百鬼丸??はて・・と思われるかたはまずこれを。
e0061038_21371224.jpg

時代小説の文庫本の表紙を飾るこの作品をご覧になった方は
多いと思います。

平面であるはずの1枚の紙が切り絵になって姿を現した途端
いきなり静から動へ。
切り取られた人物が、強い視線を投げかけます。
ある新聞社の方から、この絵を見せられたときから
ずっとこの切り絵の作者にお会いしたいと思っていました。

川越の岡田畳店で百鬼丸さんの展示会があると言うことを
教えてもらったのは最終日の一日前。
慌てて電話して、会場でお会いすることになりました。
e0061038_21473663.jpg

1951年生まれ、埼玉在住、人物作品を中心にした
切り絵画家としては珍しい存在です。

大学で建築学を学んだあと、手先が器用だったことから
焼き物の世界へ。
しかしながらスタートの遅かった彼は、他の人と違うものを求めて、
粘土を紙状にして模様をナイフで切り取り、貼り付けるという
新しい技法にチャレンジします。

そして浮かんだアイデアを保存していくために作り始めた切り絵の
世界にのめりこみ、めきめき腕を上げていきます。
初作品はJTBの「旅」という雑誌、このシリーズで彼の切り絵は
次々に世に出て行きます。

人物の切り絵は、小説などの挿絵として以前からあったのですが
小説を邪魔するということで、百鬼丸さんの言葉によると
「ダサい芸術」と評価され、これに取り組む作家はほとんど
いない中、自分のやり方を押し通しやり続けたことが
世に認められるきっかけにもなったようです。

彼は今、切り絵ライブなる新しい分野に挑んでいます。
ライブというと、まず「お題」を頂戴しそれにあわせてハサミで
切り取っていく高座芸を思い浮かべますが、
彼は「江戸物売り」「武田24将」「川越の歴史」などについて語りながら
ナイフで切り取っていきます。

百鬼丸さんの背景にあるのは「川越の歴史」
e0061038_22321154.jpg

e0061038_22332453.jpg
e0061038_2234659.jpg

大田道灌、川越太郎、里姫、天海(喜多院の住職)、春日の局。
川越の街を歩くと、歴史上の人物のイメージが次々にふくらんで
くるとか。

切り絵の世界からペーパークラフトの世界へ
アーティストとしての自分を確立したいと語る百鬼丸さんでした。
by genki-saitama | 2009-05-23 22:36
<< 平均65歳の姫君50人が、源氏... やれば出来る、娘の料理  20... >>




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧