金のフルート・銀のフルート   2007/2/8
e0061038_21222419.jpg

この光!純金製と純銀製のフルート。
本日は、元気埼玉の取材で練馬区の秋山フルート工房へ。

秋山さんは1954年生まれ。高校時代は吹奏楽部に在籍。
18歳で上京して以来、フルート作り一筋の人生を歩いてきた。
10年前に、本当に作りたいものは自分で作るしかないと独立。
自分の技術と「夢」を追いかけての、無謀な船出だったと話す。

世界最高だといわれたフルート奏者、ジャンピエール・ランパルに
出会ったことがきっかけだった。
彼がその時持っていたのが「金のフルート」。
秋山さんがフルート作りの職人だと聞いたランパルが、
日頃使っていないこのフルートを「16年ぶりにここで吹いてやるよ」と
目の前で演奏してくれた時、その音を超えるのが自分の仕事だと
思ったという。その時秋山さん24歳。
e0061038_2139545.jpg

それから、約30年、秋山さんは夢に挑戦し続ける。
秋山さんのフルート作りは全て手作り。
なんと、銀の素材作りから始まる。
友人に頼んで、1870年代の銀食器を、ヨーロッパのオークションで
買い集めてもらい(工房に銀のスプーンとフォークが置いてあった)
それを溶かして板状にのばし、自分で巻いてチューブ(管)を作り
半月掛けてフルートを作り上げる。

ピュアな銀の素材は、音は安定するけれど、ふくらみのある音色は
出ない。まだ銀の抽出技術の進んでいなかったその頃の素材を
使うことにこだわる。
「いろいろなものを含んで、初めていい音色が出る」と。

工房の隣には、奥様の、ふき子さんが教えるフルート教室がある。
(フルートを吹くふき子さん・・これはなんと実名、偶然にも・・)
生徒さんの最高年齢は76歳、50歳過ぎて習い始めたという。
今、熟年世代の生徒さんが増えているとか。
昔、習いたくてもできなかった夢をかなえに訪ねてくるという。

金のフルート、銀のフルート、そして普通のフルート。
吹き比べていただいた。
最高に音にやわらかさとふくらみを感じたのは金のフルート。

値段・・・・聞きたい????
銀のフルート、1本 100万円前後
金のフルート、1本  350万円(全て金製だと500万円)

とても、私には買うことの出来ない金額だけれど
金と銀のフルートの音色を聞くことの出来たこの耳は、最高に贅沢!
by genki-saitama | 2007-02-08 22:13
<< 1950年代のJazzが流れる... イタリア料理のおいしい店、見つ... >>




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧