給食エプロン 2011/10/10
今日は体育の日、朝早くから犬と一緒に散歩に行ってきました。
これで歩数計は4900歩、ささやかな体育の日です。

さて、皆様にご協力いただいた「Tシャツプレゼント運動」
次はどんなことをしようかとずっと考えておりました。

どの被災地の状況も涙なしでは見られませんが、
特に衝撃だったのは、たくさんの児童が亡くなった
大川小の被災状況でした。
今、私は「はなまる給食」というサイトで、給食情報に係る
仕事をしています。毎日このサイトにアップされる美味しそうな
たくさんの給食画像を見るたびに、あの子たちが短い人生で
最後に食べたのは「学校給食」だったことを思います。
どんな献立だったのでしょうか。
きっと笑顔でみんなで楽しく給食を食べたのでしょうね。

仕事で知り合った福島の海岸近くの学校では
津波で破壊された上に放射能汚染のため今だにこの地域に
戻ることができません。
もちろん給食室も破壊され、わずかに残った施設は
被災地の炊き出し場として活躍しました。

「はなまる給食」として被災地の子どもたちにできることは
何だろう・・
そこで思いついたのは「はなまる給食」のエプロンです。

はなまる給食では現在、子どもたちの「食育」の
一環として栄養士さんのエプロンを制作していますが
このエプロンを被災地の学校の給食室に贈ろうと考えています。

これは私が使ってているエプロン。
e0061038_18331628.jpg
胸には「はなまる給食」と入っていますが
ここに「がんばれ!○○小」という文字を
入れてプレゼントして行こうと思います。

「食べることは生きること」
子どもたちがたくさん食べて笑顔になって、元気に育っていくように。
# by genki-saitama | 2011-10-10 18:36
マイ・ブームはでんでんむし  2011/10/6
先日、仕事の打ち合わせで、さいたまアリーナまで行った時のこと。
アレ~!!と思うほどおしゃれした同年代のおば様たちが
アリーナ入り口前の広場にまるで黒山の”ありんこ”のように
でもそのパワーはバッファローのように押しかけていました。

だれ?だれ?だれ?が来るの。
売店の人が「ヨン様みたい」と教えてくれました。
まだまだ、衰えぬヨン様人気です。
「あそこまで夢中になれるもの、私たち持ってる?」と
同年代の友人とのやりとり。
60過ぎて事業を始めた友人と私。
「考えたら仕事しかない人生だねえ・・」

「でもねえ・・私たち、ステージの遠くに見えるヨン様よりも、
かっこ悪くても、そばにいていつでも触れる人のほうがいいねえ」
そこで、60のおばばは二人して大笑い。
「私たち、まだまだ・・・いけるよ!!」

ところで、先週疲れ果てた私の顔を見た娘が
大久保の韓国サウナに連れていてくれました。
帰りに寄った韓国スーパーで、娘が「これいいよ!」と
勧めてくれた美顔パックがこれ。
e0061038_22485682.jpg

左からプラセンターコラーゲン
次はマリンコラーゲン
赤いざくろは女性ホルモンに似た作用があるらしい。
そして最後は
かたつむりコラーゲン
わはははは・・考えただけでもおぞましい・・・
でも5枚も買ってしまった・・・・。
かたつむりがいいならナメクジはどうなのか、
それよりも尻尾を切られてもまた再生するトカゲのほうが
私には向いているのではないかとも考えるのですが・・。

さて、今夜試します。結果知りたいかな~???
夜中に、カタツムリが顔の上を這いずり回る夢を見そうな気がする。
# by genki-saitama | 2011-10-06 22:56
夫の携帯 2011/9/20
e0061038_21324322.jpg

やっぱりね・・
昨日娘からプレゼントされた携帯電話は箱に収められて
お留守番でした。
「どうせ、かかってこないから」という言い訳。
全く、用をなさない夫の携帯電話です。
それじゃ、ちっとも役にたたんだろ!

先日、都内のある教育委員会から電話が掛かってきました。
私の会社が運営している、学校給食の情報サイト
「はなまる給食」で食材の産地情報の公開ができないかと
言う内容でした。

今、教育委員会や学校に父兄から給食の食材を心配する
問合せが多く寄せられているとのこと、
子どもをもつ親として当然の心配だと思います。
でもその反面、食材の産地に東日本の県名が入って
いなければそれで安心なのかというに思いに苦しみます。

丹精込めて育てた野菜や米が一瞬にして「危険」な存在に
なるという恐怖。
日本中が「原発」を受け入れたのですから
その責めをおうのは日本全体のはず。
未だ国からは、はっきりとした根拠のある安全基準は
示されず、右へ左へゆれる日本です。
# by genki-saitama | 2011-09-20 22:42
祝!夫の誕生日 
長い長い夏休みでした。
友達から「ブログまだか?」と、せかされながら
うーん・・もうちょっと・・・
最近は会社から帰って夕食を作ったあとは、そのまま
ソファーでグーグーと寝てしまい、以前のように深夜に
パソコンに向かう気力が消え果ておりました。

それでも本日は3連休、その上夫の63回目の誕生日。
北海道にいる長男がお祝いに大きなカニを送ってくれました。
e0061038_2314610.jpg

娘夫婦もケーキ持参でやってきて
「はい。これが今年のプレゼント」と渡されたのがシニア用の携帯電話。
今日は敬老の日でもありますからねえ。。。


頑固印の夫は、今まで携帯を持つのをかたくなに拒否。
3月の大地震の時、なんと最後まで連絡が取れなかったのが
唯一、夫でした。
夫婦揃って帰宅難民となり、電話も通じない状況で
「はて、夫は今頃どこに????」。
この時、夫は頼りにしていた公衆電話の数が少なくなっていることに
気付いて愕然としたようです。
それでもなお携帯電話を持とうとしない夫に、ついに私と娘は宣言。
「次に、地震が起きても、絶対に探しに行ってあげないからね。」

かくして、本日63歳の誕生日に夫は携帯デビュー。
しばらくは笑えるブログねたが見つかりそうです・・・・。
# by genki-saitama | 2011-09-19 23:22
お弁当を食べながら思うこと
これが私の1週間のお弁当です。
e0061038_12295451.jpg
手羽先の甘辛焼き、かぼちゃの煮物、ブロッコリーサラダ








e0061038_12302947.jpg


キャベツのオムレツ、パプリカの炒め物、またまた好きなブロッコリー






e0061038_12305154.jpg





ニラの卵焼き、オクラの焼きびたし、おかかのおにぎり






e0061038_12312476.jpg





鶏肉の柚子胡椒いため、いんげんとエリンギの炒め物、茄子の漬物






e0061038_12315860.jpg






鰻の蒲焼き、茄子の煮物、小松菜と人参のおひたし





e0061038_12324230.jpg





豚しゃぶサラダ、おくら、茄子の煮浸し、にら入り卵焼き




これでやせるはずもないほど、てんこ盛りのお弁当です。
面倒なこともあるけれど、毎朝、朝食、お弁当、
夕食を一緒に作るのはかなりの時間短縮です。
それと同時に三食のバランスを上手にとることができます。
そしてこれからは新米の美味しい季節、
私はいつも岩手のお米を買っています。

ところが先日、東海テレビのワイドショーの
視聴者プレゼントコーナーで、岩手県産のお米ひとめぼれの
当選者3名を「怪しいお米、セシウムさん」
「怪しいお米、セシウムさん」「汚染されたお米、セシウムさん」
などと書いたテスト用テロップが流れてしまいました。
いかにテスト用とはいえ、こんな意識をもったテレビ局の
人たちの良識を疑ってしまいます。

本日、農林水産省のホームページにこんなお知らせを見つけました。
「平成23年産の新米については、水田の放射性セシウム濃度の
高い地域では作付制限するとともに、土壌調査等の結果を
踏まえて収穫前と収穫後の2段階で放射性物質濃度の
調査を行い、放射性セシウム濃度が規制値を超えた地域の
お米は全て確実に出荷制限のうえ廃棄することとしています。
このため、消費者の皆様のお手元に届くものは安全が確保されています・・・」

地震、津波、そして放射能汚染、日本の農業がつぶされていきます。
だれが責任をとるのでしょうか。
ああだ、こうだと総理大臣の椅子は揺れていますが
原発を安全と言いきった当時の政治家たちに
話を聞いてみたいものです。

私は現在ダイエット中、主食は控えようと決めていたのですが
心を入れ替えて、お米を食べまくることにします。
もちろん、東北のお米です。
# by genki-saitama | 2011-08-13 12:53
「原発のウソ」この本を一度読んでみませんか?
森林インストラクターのジョーさんに借りた本。
e0061038_16565972.jpg
3月11日以来、放射能の危険性についてたくさんの人がさまざまな意見を述べています。「東京からアメリカへの飛行機の中で受ける放射線の量」と比べて心配するなという人もいれば、
食品に含まれる放射能を心配して「一切この地域の食品は食べない」という人もいます。




この本の著者、小出裕章氏はかっては原子力の力に
夢を持ち研究していた京都大学原子炉実験所の助教授です。

その長い研究の中で原子力の危険性に気づき
40年間もその危険性を警告し続けた人です。

原子力発電は二酸化炭素を出さないクリーンで安価な
電力発電、という国や企業の宣伝をずっと信じ続けてきた
私たち。
よく「あまりにも無知であった」という言い方を
しますが、この原子力に関してはそんな生易しいことではなく、
「知らないことは罪である。」と思い知らされる
内容です。

日本の原子力の力は世界最高水準だと言いながら
いざことが起きると、フランスやアメリカに
頼らざるを得なかったことからわかるように
実は日本は原子力開発に関しては後進国だったのです。

あとは、自衛隊や電力会社の社員の命をかけた
決死の行動を賞賛し頼るだけ・・
これではまるで戦時中の神風特攻隊と同じです。

残念ながら私には、この本に書かれたことが真実で
あるかどうかは分かりません。
(むしろ、真実でないことを祈っているまだ楽観的な
私がいます。)

ただ、多くの人にこの本を読んでほしいと思います。
出版は扶桑社「原発のウソ」という本です。

どれだけ、多くのことにベールがかけられていたか、
一方にだけ都合のよい話を信じさせられてきたか、
どれだけ国(一部政治家)と電力会社が
手をつないできたか
そしてどれだけ放射能が恐ろしいものかが書かれています。
# by genki-saitama | 2011-08-11 17:04
気仙沼から「ありがとう」の電話がありました。
ご報告が遅くなりました。
Tシャツを送った3日後、気仙沼のボランティアの方から
電話がありました。
残念ながら私は留守でしたが、留守電にメッセージが
入っていました。

今年は、ボランティアの方々が子ども会単位で
「出張夏祭り」を行われるそうで、そのときに着せて
下さるようです。
皆さんが送ってくださったTシャツを着て
元気に遊んでいる子どもたちの笑顔をご想像ください。

どうぞ子どもたちに本当の笑顔が戻りますように。
そして一日も早く安心して暮らせる環境が取り戻せ
ますように。
協力してくださった全国のおじいちゃん、おばあちゃん
ありがとう!!
本当にご協力ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しばらく涼しい日が続いていたのですが本日からはまた夏。
昨夜は仕事帰りの途中で、ビルの合間に咲く花火を見ました。
暗闇の中に広がる大輪の花。
去年と同じように、花火を見ることがどんなに幸せなことか
つくづくと感じたひと時でした。

散歩道に去年と同じ大きなアメリカフヨウが咲きました。
e0061038_2129950.jpg





















e0061038_21401539.jpg
今年もまた去年と同じように近くの神社でこんなお祭りがありました。
茅の輪くぐりという「夏越しの祓い」です。
他の神社では「胎内くぐり」とも言うと教えてもらいました。
母親の胎内に戻ってもう一度生まれ変わるという半年に
一度の厄払いの行事です。
どうぞ、これからは平穏な日が続きますように。
# by genki-saitama | 2011-08-07 21:45
被災地の子どもたちにTシャツ贈ろうよ(11)
しばらく、またブログが途切れてしまいました。
ごめんなさい!!

自分の実力も考えず、どんどん仕事を増やしていくものだから
肝心のことが進みません。
毎日毎日走り回りながらため息。
常に泳ぎ続ける鰹に比べ、ちりめんじゃこほどの私です。

さて、嬉しい追加Tシャツが届いて102枚となりました。
本当に皆様、ありがとうございました。
皆様のおかげで、きっと102人の笑顔が生まれます。
目標1000枚には遠いですが、Tシャツの次は文房具や
絵本と続けていきたいと思っています。

e0061038_18262718.jpg

ハナミズキさんが送ってくださったかわいいTシャツです。

さて、これから気仙沼に送ります。
# by genki-saitama | 2011-07-27 18:27
被災地の子どもたちにTシャツ贈ろうよ。(10)
意外な団体からTシャツがたくさん贈られてきました。
助産婦さんの団体が自然分娩のキャンペーンのために
作ったTシャツ。
子どもの命をテーマにし、地球上の動物や植物、
全ての命を大切にしようと呼びかけたものです。
e0061038_23154538.jpg

子どもには少々大きいので、ボランティアの方々の
着替えに使ってくださいと書いてあり、Tシャツと一緒に作った
エコバッグも添えてありました。
e0061038_23173711.jpg


友人の花さんが送ってくれたTシャツ。
アニメやゲームが好きな花さんらしいデザインです。
e0061038_2322224.jpg


これも友人のみとさんが「思わず買っちゃった!」と持って
来てくれたTシャツです。
e0061038_23265988.jpg


これで計97枚。
被災地へボランティアに通っている知り合いの男性が
「被災地は夏服がなくて困っています!」と伝えてきました。
〆切には早いのですが、連休明けにはそろそろ第一弾のTシャツを
送り出すことにします。
97人の笑顔、生まれるかな??
協力してくださった方々に心から感謝!!
本当にありがとうございました。

この連休に宮城へいくボランティアのかたに、次は何が必要か
聞いて来てくださいとお願いしました。
被災地が復興する日まで、私にできることで
ずっとずっと、応援していきたいと思います。
# by genki-saitama | 2011-07-14 23:36
本日ラジオの生放送 2011/7/10
先月から、エフエム浦和で「はなまるランチ」という
番組を持たせていただいています。
第三日曜日の12時から約7分のおしゃべりですが、
今月はちょっと仕事の都合で第二日曜日に。

はなまる給食」に掲載されている、あちこちの学校の給食を紹介します。
今日は行田市の「キムタク丼」のレシピを紹介しました。
みのもんたさんの人気番組「ケンミンショー」で話題に
なった献立、
長野県の小学校で出された給食です。
e0061038_2263898.jpg
「材料は豚肉100グラム、キムチ、つぼ漬け、ごま油・・・」
時計を見ながらのおしゃべりは難しいものです。
7分の原稿を作ってあったのですが、急に10分にと
言われ、どうやってのばそうかと考えたとたん
舌を噛み始め・・呂律が危うくなり・・・ゴメンなさい。
もともと舌が短い上に、年をとると、滑舌が悪くなる。

本日は、友人が遠路はるばる遊びに来てくれ、品川で
一緒にランチ。
e0061038_2216319.jpg

e0061038_22165567.jpg

38階から遙か向こうに東京タワーとスカイツリー(写真右端)が
並んで見えました。
それにしても、この雲の力強いこと、もう夏です。

明日は埼玉36度の予想。
「危険ですから外を歩かないで下さい」という注意報が
出ています。
子どもの頃、夏休みの絵日記に30℃と書いた覚えが
あるのだけれど、36℃なんて気温は経験したことがない・・
おーい!どうなってるんだ?この地球。
# by genki-saitama | 2011-07-10 22:19




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧