<   2007年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧
白根山も浅間山もまだ残雪の中   2007/4/29
e0061038_2222453.jpg

金曜日の朝、元気埼玉の今日のひとことを10分で書き終え、
ピューッと電車に飛び乗って、嬬恋村へ。
高原キャベツで有名なあの嬬恋村です。

元気埼玉の特集「日本のふるさと」に、協力をお願いするためです。
「日本のふるさと」は全国の、元気なまちづくりをしている地域を
たくさん掲載して行こうと計画中です。
単なる観光旅行ではなく、皆様が、まちづくりを一緒に手伝ってみたいと
思えるようなふるさとを、このページから探していただければと考えています。
「自分のふるさとづくり」のページにするのが、元気埼玉の夢です。

さて、嬬恋はようやく春が来たところ。
桜、桃、梅、レンギョウ、山吹、全ての色彩が山里にあふれて
います。
それでも、まだ山の上の桜は固いつぼみ。泊まった日の夜は
浅間の方ではみぞれが降りました。
あこがれの、丸太作りのコテージにスタッフ皆で泊まったのですが
まるで、修学旅行。

さて、嬬恋の春をお届けします。
e0061038_22242532.jpg
ウグイスカズラ
小さな小さな花です









e0061038_22251474.jpg
フジザクラ、
恥ずかしそうに
うつむいて
咲きます。








e0061038_2226551.jpg
さあ、皆さん
ご一緒に・・
「夏がくれば
思い出す♪」
水芭蕉
















e0061038_22265248.jpg
ザゼンソウ・・
思ったより
大きな花で
どーんと
座禅をくんで
います。












e0061038_22275411.jpg
「おーい、みんな
春が来たぞ!」










e0061038_22284716.jpg
最後に、ほんのおまけ。
何故かザゼンソウの
そばに、これが・・
例の危険な
トリカブト
決して摘んだり
しないように。








明日は新緑の
吾妻渓谷を
お届けします。
by genki-saitama | 2007-04-29 22:35
皆さんに感謝!!!2007/4/27
本日の「元気埼玉」のトップページの写真見ていただけましたか?
ブログ仲間のシータケさんの写真です。
前からずーっと、シータケさんの写真を指をくわえて見ていたのです。
「いいな、いいな」って。それで思い切ってお願いしました。
「写真下さい」って。もちろん、一度もお会いしたことはないのです。

シータケさんは、すぐにOKを下さったのですが・・・・
(しーたけさんのブログを読むと書いてありますが、)
お願いしたすぐ後で、身内にご不幸があって大変なことになりました。

きっと、無理だろうなと諦めていた矢先、ちゃんと写真が届きました。
嬉しいやら、申し訳ないやら・・・ほんと言うと感謝で涙がこぼれました。

「故郷の春」特集に協力いただいた、南アルプスさんも、富良野の
写真家伊東さんも、同じようなブログやホームページ仲間です。
「皆、一緒の仲間ですよ」と言って、元気埼玉に力を貸して下さいました。

元気日本SNSにも、素晴らしい仲間たちが集まっています。
本日はアトランタからも参加がありました。

インターネットは、虚の世界って言われるこれど、全く知らない同志が
インターネットを通じてつながっていく、今まで考えたこともなかった
世界です。

いろいろなことで、めげそうになった時、最近は仲間のことを考える
ようにしています。
こんなに応援してもらっているのだから、もう少し頑張ってみようって。

もうすぐ元気埼玉は2周年を迎えます。
昨年の今頃、実はページビューは3万くらいしかありませんでした。
でも、今月は約、40万ページビュー。
何の宣伝もせず、ただ口コミで広がってきました。

これから、この元気埼玉を全国に広げて行こうと大変なことを
考えています。
パソコンをしたこともない、おばさんが一人で始めたこのサイト、
まあ、人生最後のおばさんのひとがんばり・・
もそっと、頑張っていきます。

2周年にはちょっと早いのですが、元気埼玉を見てくださっている
皆様に心から感謝申し上げます。
by genki-saitama | 2007-04-27 01:14
花のじゅうたん  2007/4/25
マンションの前のツツジ。
e0061038_23382260.jpg

秩父から届いた芝桜とれんげ畑
e0061038_23562847.jpg

e0061038_23565782.jpg

ミューおばさん、ふわふわと雲に乗る。
さあ、連休は出かけよう!
by genki-saitama | 2007-04-26 00:03
すんませ~ん!  2007/4/24
元気埼玉を運営しているのは、ほんとに小さな会社です。
事務所だって、ようやくタタミ1畳の少々の狭いブースの中。

朝、9時にこの隙間にすっぽり入ると、夜8時まで本棚と机の
サンドウイッチ状態です。

この極限状態の中で、一日誰とも話さず、パソコンをにらんでいると、
時々、ホワイトアウト状態に陥るのです・・・
なんて、くどくどと言いましたが、
要するに、とんでもない間違いを起こしてしまうということ。

やってしまいました!本日、メールをいただきました。
トップページの「団塊の世代にエール」に初登場する男性の紹介。
かっこよく書いたつもりだったのです。
「大手広告代理店を早期退社、新しい人生に挑戦するあるドアマンのブログ」

違う、違う「ある、アドマンのブログ」でした。

「まあ、僕、新しいこと切り開いていくドアマンみたいなものですから・・」と
許してくださったが・・
原稿を貰った時は、アドマンと読んだのだが、指はしっかりドアマンと
キーボードを打っていたのです。
(今はもう、違う記事になっています。)

時々やるのですよ。中山道の蕨宿を蕨と書いたのに
気付かず、私の書いた記事がyahooで蕨の学習塾のところに載っておりました。

これからよーく、気をつけます。ごめんなさい。
by genki-saitama | 2007-04-24 23:04
怒りに震える!  2007/4/22
本日も仕事。ふと読んだyahooニュース。
皆さんにも読んで欲しい。

大阪府警淀川署は21日、JR北陸線の富山発大阪行きの特急「サンダーバード」の車内で昨年8月、大阪市内の会社員の女性(当時21歳)に暴行したとして、滋賀県湖南市石部南、解体工、植園貴光被告(36)を強姦(ごうかん)容疑で再逮捕した。当時、同じ車両には約40人の乗客がおり、一部の乗客は異変に気付いたものの、植園容疑者にすごまれ、制止できなかったという。植園容疑者は、昨年12月にも同様に車内や駅構内で女性に暴行したとして今年1月、滋賀県警に逮捕され、強姦罪などで現在公判中。
 調べでは、植園容疑者は、昨年8月3日午後9時20分ごろ、福井駅を出発した直後に、6両目の前方から2、3列目にいた女性の隣に座り、「逃げると殺す」「ストーカーして一生付きまとってやる」などと脅し、繰り返し女性の下半身を触るなどしたという。さらに、京都駅出発後の午後10時半ごろから約30分間にわたり、車内のトイレに連れ込み、暴行した疑い。女性は車両前方のトイレに連れて行かれる途中、声を上げられず泣いていたが、付近の乗客は植園容疑者に「何をジロジロ見ているんだ」などと怒鳴られ、車掌に通報もできなかったという。

読んだ後、怒りに体が震えた!
電車の中で、21歳の女性が泣いて助けを求めていると言うのに
誰一人、助けに行く人はいなかったのか。
恐ろしければ、みんなで大声をあげるだけでいい。
立ち上がって、車掌を呼びに行くだけでいい。
だれも、彼女を助けようとしなかったのだろうか。

「これだけたくさんの人がいるのだから、きっと誰かが助けてくれる」
彼女は、そう信じていたはずだ。
彼女は、その男と、その場にいた乗客と、二度にわたって
傷つけられた。体と心の両方をずたずたにされた。

この年頃の娘を持った大人はいなかったのか・・・
「何かが出来たのに、(何かをすべきだったのに)何もしなかった」という
ことに対する罰はないのだろうかと・・・

犯人に一喝されて動くことの出来なかったという理由はあるにせよ
どうしても許すことの出来ない事件です。
by genki-saitama | 2007-04-22 15:40
山吹の里・越生
今朝のNHKのテレビで、越生の山吹の里の話題を
放映していた。
ツツジで有名な五大尊のツツジも一緒に見てこようと娘と春の散歩へ。
来年はもう、結婚して家を出てしまう娘との思いで作り・・・

e0061038_22285967.jpg
越生は梅林が
有名。
町中を歩くと民家の庭先に
梅が植えられて
おり
親指ほどの
小さな梅の
実が・・



e0061038_22304568.jpg
五大尊のつつじ。
まだちょっと早過ぎた
ようで残念。
あと1週間で
この山が鮮やかな
赤やピンクに
染められる。




e0061038_2244187.jpg
不動尊の裏山に
珍しい「しゃが」の
花を見つけた。









e0061038_22454788.jpg
越生は大田道灌の
あの「七重八重花は
咲けども・・・」の
山吹の花の里と
して有名。
山吹の里公園には
水車がコトコト
回っていた。




e0061038_2247928.jpg
山吹の花の数は
残念ながら少ないが
八重の小さな
花びらがかわいい。






ああだ、こうだと、たわいない話、
途中の和菓子屋さんで柏餅を買ったり、
橋の上から、川の流れをながめたり・・・
春の山里を、母と娘の半日の遠足。
娘が母の手のひらから飛び立つ日はもうじきです。
(娘へ:あなたの体重で、母の手のひらはボロボロです・・・)
by genki-saitama | 2007-04-21 23:01
この技を見よ!加須手描き鯉のぼり  2007/4/19
e0061038_224909.jpg

見よ、この鯉のぼりの躍動感。

本日は、うどんと鯉のぼりの町、加須市に行ってきました。
加須市の鯉のぼり生産量は、日本一。
明治の初め、傘や提灯を作っていた職人たちがその技術を活かして
作り始めたといいます。
市内に鯉のぼりの製造業者は数社あるのですが、その中で、ただ一社
手描きの鯉のぼりを作っているのが㈱橋本屋弥喜智商店。

端午の節句の前に大忙しの時期、大変申し訳なかったのですが
仕事場で作業風景を見せていただけました。
社長の橋本さんは、埼玉県認定の伝統工芸士です。
写真をいただけませんかとお願いしたら、きちんと法被に着替えて
カメラの前に立ってくださいました。
e0061038_22594214.jpg


e0061038_2316564.jpg
鱗の一枚一枚に、
気迫がこもっています。





e0061038_2381459.jpg



筆先に力を込めて、一筆ごと、
跳ねるが如く
力強い動きです。
水の流れさえ、
感じます。


e0061038_2314356.jpg


この鯉のぼりの大きさは、上から7m、6m、5mの大きさです。
この鯉のぼり一匹の制作に2ヶ月掛かります。



この技を活かして5月3日、100mのジャンボ鯉のぼりが、加須の空に
ゆったりと泳ぎます。
その姿、是非見たいものです。
by genki-saitama | 2007-04-19 23:29
風は地方から・・2007/4/18
眼(マナグ) 光をにらみ
足 大地を踏んまえ
手 明日をぎっちり押さえ
腹ん中 熱っつぐ熱っつぐ
額(ヒテ)こびに広がる宇宙
天駈ける駒にまたがり
おれらいま風を切って走る

これ、宮城県栗原市の市民憲章案。
でも、市のホームページに「田舎っぽい」とか
「暗い」という意見が多く寄せられ、文面の検討を
迫られているとか・・・
私、個性のあるスケールの大きな市民憲章案だと思うのだけれど・・

埼玉県人がダサイタマと揶揄されるけれど
東京人だって、ほとんどが地方からの上京してきた人ばかり。
あるパーティーで元気埼玉のことを紹介した時、
口の端ゆがめて「ヘン!」と笑ったメディア関連の一団がいた。
すべて東京から、地方へ向かって風は吹いていると思っているらしい。

今頃方言を使う人は少なくなったとは思うけれど
それでも、田舎へ帰って、新幹線のプラットフォームで
「よー、帰ってきんさった」(よくかえってきたねえ)と山口弁で
迎えられた時、私の体の中で何かが飛び跳ねる。ぴょんぴょん・・

根っこの生えた言葉が、熱い思いを紡ぐ。
by genki-saitama | 2007-04-18 23:05
お尻に火がついた!  2007/4/17
いえいえ、私の話ではなくTOTOの温水洗浄便座の話。
ウオシュレットから発火することがあるらしい。
しかも、その事実を3年も公表していなかった・・・・

我が家の夫は、用心深い。
だから、1回ごとに、ウオシュレットのスイッチを切る。
後に使う家族は怒るのだが、夫は「火が出たら危ない」と言う。
家族みんなで笑っていたのだが、その用心深さは正しかった。

TOTOだけの話ではない。
パロマの湯沸器の事故、シュレッダーの指切断事故、
不二家工場の件、その上、保険会社の保険金未払い。
次から次へと起きる企業の不祥事。

みんな、一歩間違えれば大変なことになる事件ばかりなのに
ばれなきゃあいいだろうと、いう考え方。
「お客様の安全を守る。お客様の役に立つ」という企業理念は
どこへいったのだろう・・・

若い人が一番嫌う団塊の世代の言葉。
「私たち(オレたち)が世の中をひっぱてきた。」
でも、ひっぱて来た先が、こんな世の中ではつくづくと情けない。
自分のお尻に火がつく前に、今の自分に何ができるだろうかと
トイレの便座をにらみながら考え込む本日です。
by genki-saitama | 2007-04-17 23:08
本日の散歩コース。
週1回の、休息日。なにがあっても布団をかぶって聞こえないふり・・・
でも、歳のせいでしょうかねえ・・
だんだんに、早起きになってきます。

今朝は、珍しく朝の散歩へ・・・・みなさんもご一緒に。
e0061038_17172534.jpg
家の近くの弁天の森。
武蔵野の面影が
チョコッと残っています。
新緑の林の中
やまぶきが
鮮やかです。












e0061038_1641613.jpg
まるで、綿の実の
ようなふんわり
丸い、八重桜。
今が盛りです。







e0061038_16442897.jpg


チューリップ畑も
そろそろ
準備OK、
出番を待っています。





e0061038_16501237.jpg
草の茂みに
二羽の鴨。

草の実を
探しているのかも・・
もっとアップで・・
と思ったら川の中へ
飛んで行って
しまいました。
驚かせてゴメン。
e0061038_1655457.jpg

はなみずきが
咲き始めました。
まだ、ポツリポツリ。






e0061038_16582853.jpg
はなみずき通りが
賑やかに
なるのも
もうすぐです。




e0061038_1711028.jpg




ツツジ?サツキ?
未だに区別が
わからないの
ですが・・・



山里に春が来ることを「やまわらう」というのだそうですが
林も、野原も、みんな、わらい始めました。
風の中に、ころころと笑い転げる春の声が聞こえてくるようです。
by genki-saitama | 2007-04-15 17:10




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧