<   2007年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
崎陽軒のシュウマイと不当表示  2007/11/29
海からザザザザーッと引き上げられる帆立の映像。
いかにも海の幸タップリの崎陽軒のシュウマイのCM。

「一体ひとついくらのシュウマイになるのよ」と、前からみんなで
笑っていたのだが、不当表示で本当にJAS法違反の疑いで製造中止に
なってしまった。

製造中止になった「昔ながらのシュウマイ」についての崎陽軒のHP.
「吟味されたオホーツク海の天然帆立貝柱をたっぷり使い・・」
でもタップリ使っていたのはむしろ玉ねぎ。
「吟味された、大地の玉ねぎをたっぷり使い・・・」が正当。
(値段的に言えば当然のことなのだけれど・・)

今までラベルに「豚肉、帆立貝柱、玉ねぎ」と書かれていたのが
「豚肉、玉ねぎ・・・・・干帆立貝柱」となり「干」の文字もついて
5番目に順位を落としたらしい。

同じようなことあるよね。
ふかひれスープ。パッケージのデザインからイメージする
ものとは似ても似つかぬスープ。春雨状が2,3本。
この値段でフカヒレがウハウハ入っているはずもないのだが・・・

「私は帆立貝柱を食べている、フカヒレを食べている」と
想像力逞しくしながら食べればいいのだろうがネエ。

さてさて、賞味期限に加え、今度は不当表示。
手作りが一番だとは、よーくわかっているのだけれど・・・
夫と二人の食卓、ついつい手抜きをしてしまう私。
「私は主婦」・・もしかして私の場合これは不当表示??
by genki-saitama | 2007-11-29 23:31
たくみの里のおいしいパン屋さん  2007/11/27
e0061038_2252337.jpg

先日、仕事で行ったみなかみの「たくみの里」のパンやさん。
外に、手作りの石焼窯があります。

たくみの里は、三国街道の古い家並みを復活させた、
みなかみの観光スポットです。
この小さな里に私のお気に入りのパンやさん「麦の香り」があります。
ドアを開けて入ると、笑顔の安達澄さんが迎えてくれます。
e0061038_22432959.jpg

この、パン屋さんは、今年の4月にパン作りの好きな地元の
主婦仲間三人で開いたパンやさん。
地元のリンゴやサツマイモが入った天然酵母のパンです。

安達さんは私と同じ1950年生まれ。
実は、埼玉から17年前にこの旧新治村(現・みなかみ市)に移住。
ご主人の仕事の関係で住んだ、デンマークでおいしいパンに
出会ったことがパン作りのきっかけだとか。

お店の中には和風のティールーム。
e0061038_23113976.jpg

今回食べたパンは、リンゴのパン。
e0061038_22364626.jpg

あまずっぱいパンが、コーヒーに良く合います。
一緒に行った、森林インストラクターのジョーサンは
ライ麦のパン。外はカリッとして、中はフワットした素朴なパンです。
なんと「地元の味噌をつけて食べて見てください」とのおすすめ。
これが、不思議と合うのですよ・・・。

突然、店の奥からハワイアンのメロディーが?????
実は、この店は友人のフラダンス教室の一角を貸してくれたもの。
素人3人組のお店は大変なのよというけれど、我ら熟年女性の
逞しいパワーに、お互いコーヒーで乾杯。

ちなみに、表にある石窯はご主人の手作り。
私が、元気埼玉というサイトを作っていると話したら
「是非、うちの女房を応援してください」とのこと。
心優しき、ご主人にも拍手。
by genki-saitama | 2007-11-27 23:28
川越・秋の終わりに~おもしろいもの見つけた~2207/11/23
e0061038_11255723.jpg
折角の三連休、
川越の喜多院の
紅葉を写しに
出かけました。

でも、まだ境内の
大銀杏は青々とした
葉っぱ。

あと一週間、紅葉には
早かったようです。
残念!




e0061038_11292495.jpg

帰りの商店街で、意外な人たちに会いました。
e0061038_11305941.jpg
なんと懐かしい
ブンチャカ・ブンチャカのメロディ。
素人のチンドンヤさんの
大会でした。





e0061038_11344197.jpg
こんなに若い
お嬢さんの
チンドンヤさんて
珍しい・・








e0061038_1133312.jpg
子供の頃、小さな町でも、
スーパーやパチンコ屋さんの
開店に必ず来ていましたね、
こんなチンドンヤさんが。
「後をついていくんじゃない!」
という母の声が聞こえそうです。(笑)
by genki-saitama | 2007-11-25 11:41
猿ヶ京・秋の終わりに  2007/11/23
二日間の群馬出張は、色鮮やかな晩秋と銀世界の冬の
二つの季節を味わうと言う、不思議な旅となりました。

最後の鮮やかさ、紅燃える。
e0061038_23233844.jpg

e0061038_23251729.jpg

冬支度・・秋の陽のなかで
e0061038_23304720.jpg

e0061038_2332232.jpg

そして次の日。山合いの集落の天気は一変して一面の銀世界。
e0061038_23351433.jpg

e0061038_23372425.jpg

e0061038_2339453.jpg

白の世界に包まれてひっそりと眠っています。
by genki-saitama | 2007-11-23 23:50
冬が来た!!突然に・・  2007/11/22
e0061038_20514977.jpg

昨日から、群馬のみなかみへ仕事で行っておりました。
あるホテルの依頼で、地域性を活かしたイベントの企画を
させていただくことになりました。

昨日は晩秋の景色だったのですが、夜から雪。
朝起きると一面の銀世界。
e0061038_21550100.jpg

これは昨日写した猿ヶ京赤谷湖の写真。晩秋の黄葉風景です。
e0061038_213367.jpg

これは今日同じ場所を写した写真。1日で冬景色に。
地元の人の話では、例年より2週間早い積雪だとか。
e0061038_21121725.jpg

これは猿ヶ京からもっと奥の法師温泉。
(かって高峰秀子のフルムーンのポスターで有名になった温泉です)
この時間には、もう息も出来ないくらいに、吹き付ける雪。
折角行った法師温泉ですが、日帰り温泉は2時まで。震えながら、また車に乗って、峠を下りました。
猿ヶ京の日帰り温泉「満点の星」で、ようやく温まることが出来ました。
窓の外には、こんな紅葉が・・・
e0061038_21195071.jpg

今回、雪の中を埼玉から、わざわざスタッドレスタイヤに付け替えて
手伝いに駆けつけてくれた森林インストラクターのジョーサンと
友人のミトさんに心から感謝。
お陰で、雪景色の写真を撮ることができました。
みんなのお陰で、「元気埼玉」の仕事をすることができます。
by genki-saitama | 2007-11-22 21:26
ALWAYS夕日の三丁目 2007/11/20
昨夜、有楽町に今話題の映画「ALWAYS夕日の三丁目」を
見に行ってきた。

東京タワーが出来た後の昭和34年、東京の下町が舞台。
当時私は9歳、映画に出てくる一平君と同じ年代。

ブラウン管の分厚いテレビ、ローラーをくるくる回すと
洗濯物がペッチャンコになって出てくる洗濯機。
自転車の後ろにアイスキャンデーを乗せて売りに来たおじさん。
脱脂粉乳の給食。
エ~!!こだまって、もう大阪まで走っていたんだ。

「あった・あった・あんなのあったよ」と思いながら見ていると
後ろの中高年の男性が、大声で「うん、うん」と相槌。
おじさんの感情移入は激しい・・・・
(オジサン、何故か若い彼女を連れて見にきていたけれど
若い彼女は、映画が終わった後、なんともしらけた顔。
おじさん、一緒に来る相手を間違えたね(笑い)  )

ところで、三種の神器が我が家に揃ったのはいつだろう。
我が家の1代目のテレビは、質流れのもの。画面はすぐに
ザーザーと横に流れたけれど、そのテレビを肩に担いで
帰って来た父の姿が誇らしかったこと。
洗濯機が来た時、涙を流して父にお礼を言う母を初めて見た。
冷蔵庫で作った氷で、粉末ジュースを作った時の感激。
今、何かを買って、こんなに嬉しいことってあるだろうか・・

昭和のあの頃は懐かしいけれど、良き時代だったとは決して思わない。
映画の中で何回も繰り返された「お金より大切なものがある」と
いう言葉。でも、実際は、「もっといい生活」を求めて、あの頃から
必死に走り始めていたような気がする。

頑張れば、テレビが買える。
頑張れば、車が買える。
頑張れば、家が買える。
みんなみんな手に入れて、人は次に何を欲しがるのだろう。
by genki-saitama | 2007-11-20 23:03
最高の蕎麦・贅沢なひととき  2007/11/18
少し前にブログで紹介した猪又工房さんへ、先週行ってきました。
秩父の山間に、猪又さんの登り窯があります。
先日、銀座で個展が開かれたのですが、高さ1メートルの
大瓶が、まだ登り窯の中で眠っているということで、その見学。
e0061038_21585995.jpg

灰をかぶったままの、瓶は果たしてどんな色なのか・・・
1300度の高温で焼かれた瓶は、軽く指で弾くとグラスのような
澄んだ音がします。

さて、今回は蕎麦打ち名人の「しゅうへいさん」が一緒。
彼は、毎日秩父から東京に通っているサラリーマンですが
週末は畑を作り、蕎麦やうどんを打ち、自宅を「しゅうへい庵」と
名づけています。

蕎麦粉、こね鉢、麺棒などを車に積み、猪又工房で出張蕎麦屋の開店です。
e0061038_2214128.jpg












e0061038_2215274.jpg













e0061038_2220871.jpg
打ちたて、茹でたての手打ち蕎麦。
春菊の天婦羅。
猪又さんの高価な作品に惜しげもなく料理が盛られて。





e0061038_22334250.jpg
畑からとってきた蕪に
味噌を乗せて、
こんな時はやっぱり日本酒。







窓の外には秋の色に染まった、秩父の山々。
このひと時・・贅沢・贅沢。
e0061038_2227331.jpg

by genki-saitama | 2007-11-18 22:51
祈り・・・2007/11/15
先日、秩父へ行った時の写真から。
e0061038_23352195.jpg

贄川宿のみどうがね地蔵
e0061038_2340324.jpg

贄川宿の苔むした石塔
e0061038_23374630.jpg

e0061038_23391725.jpg

札所34番水潜寺  水を3回かければ願いがかなうというお地蔵様
子供の成長を願い、父と母の無事を願い、平穏な幸せを願い、
長い間ずっと、たくさんの人が祈ってきたお地蔵様

私も、手を合わせてお願いしたいことがたくさんある。

あの人の無事
この人の無事

今日は横田めぐみさんが北朝鮮に拉致された日から30年。
「ただ今!」と、生きて両親の元に帰って来る日がきますように。
家族の生活を断ち切られた、怒りを込めて
子供を奪われた親の悲しみを込めて
祈る・祈る・祈る

by genki-saitama | 2007-11-16 00:02
秩父の黄葉  2007/11/14
先週の日曜日の、秩父のミューズパークの写真です。
e0061038_22321630.jpg

e0061038_22331769.jpg

e0061038_22334447.jpg

e0061038_22341924.jpg
金色の
ちひさき鳥のかたちして
銀杏ちるなり夕日の岡に
(与謝野晶子)


山の上にある
ミューズパーク。
すっくりと天に向かった
大銀杏の木。







e0061038_223697.jpg

ようやく上がった雨。向こうの山に虹が出ました。
写真には写りませんでしたが、実は2本の虹が見えたのです。
明日はきっといいことがある・・そこにいたみんな、そんな思いで
一斉に山の向こうを眺めていました。
by genki-saitama | 2007-11-14 22:51
贄川(にえがわ)宿秋の縁側展  2007/11/12
昨日、秩父市荒川の贄川(にえがわ)宿秋の縁側展に
行ってきました。
贄川宿は江戸時代から、三峰神社参詣の宿場町として栄え、
今は、秋になると古い民家の縁側に、絵や写真が飾られ
地元の人達が、訪れる観光客を白菜漬けやお茶などで
接待してくれます。
e0061038_22414911.jpg

e0061038_22444995.jpg
小正月の様子を
再現。
もちだまが
飾ってあります。







それでは、私と一緒に秋の陽だまりの中を散歩しましょうか。
e0061038_22501597.jpg

e0061038_22532459.jpg

日本画の飾られた縁側。三人のおじいちゃんたちがひなたぼっこ。
e0061038_22544114.jpg

e0061038_23192313.jpg

絵を見ていた腰の曲がったおばあちゃんが
「あんた年々上手になるねえ」
画家さんは「そりゃどうもありがとうございます。」と苦笑い。
周りの人までが、ふふふと笑いを誘われた光景でした。
e0061038_225550100.jpg

e0061038_2256455.jpg

ここは吹きガラスの作品、浜口さんの工房。
左奥の青い一輪差しを買いました。愛らしい形でしょ。
e0061038_22595966.jpg

花火写真家として全国でも有名な小門さんの写真。
その迫力に、くぎ付けに・・
思わず、小門さんに話しかけてしまいました。
なんと、元気埼玉に協力していただけることになりました。拍手!
e0061038_2352194.jpg

e0061038_2362020.jpg
秩父銘仙の飾られた家の前で
前からお会いしたかった秩父銘仙コレクターとして
有名な木村和恵さんにお会いして、またまた取材の約束を。
彼女が着ているのは大正の頃の秩父銘仙。
絹織物の産地として
栄華を極めていた頃の
こころ浮き立つような
華やかさが
伝わってきます。


前から一度行ってみたかった贄川(にえがわ)宿秋の縁側展。
紅葉を始めた山々にひっそりと抱かれた、小さな町の文化展です。
地元の人たちが、ご馳走してくれる白菜のお漬物とお茶を
いただきながら、なんだかとても贅沢な時間を過ごしているような
気分になりました。
by genki-saitama | 2007-11-12 23:27




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧