<   2008年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
地球の温度がもう1度上がると越谷は海になる? 2008/2/28
今、地球上の皆の問題、地球の温暖化。
「埼玉の気候温暖化を親子で学ぶ」2008クリエイティブさいたま展に 
行ってきました。2/26(火)~3/2(日)
e0061038_18155413.jpg

e0061038_18161798.jpg

日本一暑い熊谷・エ~!!・こんなに気温が上がったんだ。
e0061038_18163791.jpg

e0061038_1817743.jpg
クリエイターさんたちの作ったポスター。白熊も、ペンギンも行き先を失ってしまう。
















e0061038_18181768.jpg
今、地球は病人状態。ほおっておくとますます高熱になっていく。
















そして、会場の一角に来た時、釘付けに・・・
バングラデシュの子供たちが書いた絵です。
不覚にも、最初は水遊びをしている楽しい絵だと思ったのです。
e0061038_18324321.jpg

e0061038_18325688.jpg

サイクロンで家を失った家族の絵でした。
異常気象で、年々陸地を襲うサイクロンの数は増え、住む家も
家族で育てた畑も、そして大切な家族さえ奪っていきます。
本当は、バングラデシュの子供たちはこんな絵が描きたかったのだと
思うのです。
e0061038_18365993.jpg

世界中の子供たちが、こんな豊で幸せな生活をする権利があるはず。
でも、ほんの一握りの人たちが幸せになるために
世界中の多くの人たちが、生きる場所さえ失っているのです。

それでは、あなたは何をしてくれるの?問いかけられた気がしました。
by genki-saitama | 2008-02-28 18:43
花粉症な日々  2008/2/26
「花粉症 ぼくはハナカミ 王子です」第一生命サラリーマン川柳

ティッシュボックスが離せない日々が続いています。
子供の頃から、ちょっとだけ青魚アレルギーはあったのですが。
あれは、30代半ば、突然やってきたのです。
ひどい頭痛・体の痛み・発熱・喉の痛みに難聴・・・・

一度だけ、もう息ができないと感じたことがありました。
営業で、武蔵野の面影残る郊外に出かけた春のこと。
空の一部が杉花粉で黄色くなっているのです。
アーア・・もうダメだと・・・
首を絞められたように息ができなくなりました。

でもお医者さんがいいことを教えてくれました。
「年をとったら、なぜか症状が軽くなるよ。もうすぐだから・・・
もうすぐだからのフレーズに、何故か力が入っていました。

言葉どうり、心も体も鈍感力が増し、かなり楽にはなってきたのですが、
先日の大風の中、再び花粉症が復帰してきました。
喉が絞めつけられる~!耳が痛い~!体が痛い~!
涙でうるうるしながら、パソコンに向かっています。

だれか・・・花粉症の緩和法教えてくださーい。
by genki-saitama | 2008-02-26 10:40
春一番・大江戸探索隊レポート1  2008/2/23
本日は、朝もはよから、東京商工会の自由時間倶楽部の方々に
くっついて「大江戸探索隊」という楽しい企画に行ってきました。

今回は・・江戸城見学
関東にいながら一度も行ったことのない江戸城跡。
和田倉橋から大手門へ。
e0061038_17244143.jpg

午前中は、ポカポカと春の陽気。
紅梅・白梅・蝋梅・万作が満開でした。
歴史に疎い私としては、まず、花の写真からのアップです。
e0061038_17302996.jpg

e0061038_17265738.jpg

e0061038_17273076.jpg

e0061038_17274999.jpg

e0061038_1728897.jpg

e0061038_17282525.jpg


周りを見れば、ビル群なのですが東京の真ん中にこんな
静かな庭が広がっていることは驚きでした。
武蔵野の面影の雑木林、どっしりとした樹齢何百年のけやき。
あたたかい風が吹くたびに、甘い花の香りが漂ってきます。
まずは、取り急ぎ、春の画像の宅急便。
by genki-saitama | 2008-02-23 17:40
中国農薬入り冷凍食品・レンコン餅に濡れ衣 2008/2/22
次々に発覚する、農薬入り冷凍食品。
スーパーの冷凍食品も売り上げが半分に落ちたとか・・・

気になって、昨夜我が家の冷蔵庫の総点検。
たとえ「手抜き主婦」だとそしられようが、働く主婦にとって
冷凍食品は「取りあえず」のお助けマン。

冷凍の鶏肉・豚肉から始まり、事件が始まる前に買ったパン粉つきの
一口カツ、鳥のつくね・・・これは私が買ったもの。

冷凍ラーメン・うどん・スパゲティに冷凍シュウマイ・・・
これは、私がいつ帰って来なくなるか心配している夫が買い込んだ
非常食。

ひとつ、ひとつ、確認しながら最後に残ったのが「豆腐とれんこんの○○○」。
夫のビールのツマミのレンコン餅。
袋の裏に記載されているのは、販売業者のみ。製造業者名がない。
疑惑のまなざし・・・・怪しい・・危険だ・・どんどん膨らむ妄想、
そして、ついに中身はゴミ箱へ。

朝、早速その袋に書かれていた「お客様相談室」へ電話。
わかりましたよ・・・・
販売者と製造者が同じ場合、そして国内にその工場がある場合
製造会社を略した記載法でいいと食品法に定められているというのです。

つまり、今度の場合、袋の裏に記載された販売者○○株式会社の
次に書かれた二文字のアルファベット TF
このTFが製造工場を表す略字だったのです。

ただ、子会社でも海外にある場合は、輸入業者とか原産国という
表示になるとのこと・・・

今回の事件で、かなり問合せが来ているらしく、電話に出られた
相談室のかたも「略字ではなく、お客様にわかりやすい表示に変えるよう
今、検討中です」とのこと。

何たる判りにくい食品法。法律が現状の後追いをしているという思い。
食は命にかかわること、もっと消費者の立場に立った考え方をして
欲しいと思ったのです。

「レンコン餅よ。疑ってすまなかった・・・濡れ衣を着せてゴメン」
そして、「もったいないことをしてしまった・・・・・」と、ゴミ箱を見ながら
悔やんでいる今朝です。
by genki-saitama | 2008-02-22 11:36
親離れできない娘と、子離れできない母  2008/2/19
我が家の娘からは、しょっちゅうメールが入ってきます。
「お母さん、今夕日がきれいだよ」
「お母さん、会社の帰り、こんなアイスを食べてるよ。」
短いコメントに添えて、写真も送られてきます。
全く親離れできない娘です。

私が娘と同じ年のころは、もう子供を背中におんぶして
掃除、洗濯に走りまわっていたと思うのだけれど・・・
なんと、我が家のお気楽娘。
そうは言いつつ、なかなか子離れできない母で
あります。

原稿の締め切りにねじり鉢巻でうんうん唸っている最中、
またもやメール。
「お母さん、今日はお寿司一緒に食べようよ」
こんな時は、きっと会社でなにかあった日。
仕事でミスしたか・・・いつものヘコタレか・・・
e0061038_22481219.jpg
娘のお誘いはくるくる回るお寿司でした。
お母さん、何でも好きなもの
注文して・・・
お味噌汁、半分ずつ飲もうか・・・

お互い、喉まで出掛かっている思いはあるのでしょうが
パクパク食べて、熱いお茶
ずずずずーっとすすって。



おいしかったねーっと帰ってきました。
(お支払いは何故か私で)
まあ・・こんな日もあとわずか。
もうじき大好きな人の所へ飛び立っていくのでしょう。
こんな何気ない思い出をたくさん重ねて。
by genki-saitama | 2008-02-19 23:06
食べてダイエット??  2008/2/15
友達がパートで働いているクッキー屋さんに行った時のこと、
お客さんから、一本の電話が・・・。
友達は電話口でしどろもどろ。
どうやらクレームらしい。
農薬混入?金属片混入?産地偽装?

おからと大麦入りのクッキー。
食物繊維が多いからおなかの調子がよくなるという「健康と
低カロリー」が売り。

ところがお客さんは、そのクッキーを一人で一袋食べたらしい。
理由は低カロリーだから、ご飯の代わりにということだったらしい。
でも、カロリーが心配になっての問い合わせ。

うーん・・・これってねえ。
電話する間に、その辺を走り回ったらどうだろう・・・・

本日、小千谷からこんなお土産をいただきました。
e0061038_17222085.jpg

これは人間の煎餅です。
「人生ハツラツ!またたび 元気せん またたび入り煎餅」
泣かせるネーミングです。
e0061038_17303849.jpg

これが乾燥した、またたびの実。
昔疲れ果てた旅人が、またたびを食べて、また旅を
続けられたということから名付けられたといいます。

猫にまたたび・みゅーおばさんにもまたたび!
喉をぐるぐる鳴らしたりして・・・・
試しにこのまま、かじってみましたが・・・にがーい!!!
(このままお召し上がりの際は、水をご用意下さい)

このまたたび煎餅は小千谷市のユニオンフーズ(株)の商品です。
by genki-saitama | 2008-02-15 17:39
チョコの代わりに煮干 2008/2/14
今日は何の日?
「バレンタインデー」
でもねもうひとつの日。
じゃーん!!

e0061038_21313863.jpg

煮干の日。
2(煮)1(棒に見えるでしょ・・ボウ)4(シ)

今朝、yahooで知りました・・煮干の日。
どう、カルシウム一杯のバレンタインデー。

中年にお勧めのカルシウムチョコです。
きっと彼の心に残ります。

ホワイトデーのお返しは・・
煮干で鯛が釣れるかもしれない。
by genki-saitama | 2008-02-14 21:39
バレンタインデーに渋いお話  2008/2/14
我が家の娘、今朝は更にいつもより、念入りにお化粧し
1時間余りも鏡の前にたったあと、きれいな紙包みを抱えて
楽しそうに出て行きました。
テーブルの上には、「お父さん用」の小さなチョコの箱。

私にもこんな心ときめく日がありましたねえ・・・
全部、悲しい思い出に終わってしまったけれど・・・

友人が旧正月の台湾に行ってきました。
お土産はこれ。
e0061038_18273537.jpg

かわいい茶器とウーロン茶。
e0061038_18283372.jpg

背の高い器で香りを楽しみ、もう片方で味を楽しむのだそうです。
お茶の葉が、お湯の中で花のようにパッと広がっていきます。
e0061038_18285860.jpg

さあ、どうぞ。

毎日毎日、ドタバタと過ぎていきますが
これもまた楽し・・・
今日も楽しく終わり、明日もきっと楽しい日に違いない。
ちいさなおままごとのような茶器で、お茶をいただきながら
ぽっと心が温かくなりました。
甘いバレンタインデーに渋~い、お話。
by genki-saitama | 2008-02-14 18:42
バラの陰に哀しい話  2008/2/12
e0061038_223572.jpg

e0061038_2241739.jpg

e0061038_2244297.jpg

バレンタインデーの直前にこんな素敵なバラをいただきました。
前にも紹介しましたが
e0061038_228142.jpg

これは入浴用バラのセットです。(ミューオバサンの入浴シーン付きです)

もったいない!!!と思われる方のために。
これは茎が折れたり、曲がったり、短すぎて商品にならないバラを
一輪ずつ詰めたものです。
(どうしてももったいない人は、水に浮かべて楽しんだ後、
ドライフラワーにしてください。お風呂に入れても3回は使えます。)

もともとは有名なフラワーアーティストの人たちの
イベント用に特別に作られているバラなので、
香りが高く、鮮やかな色、花びらを眺めているだけで心が
癒されます。

でも、このバラを持って下さった社長さんが深~いため息。
一年中、バラを作るにはしっかりしたビニールハウスと
温度調節のための、たくさんの灯油が必要となります。

ご存知の通り、この原油高。作れば作るほど赤字になるそうです。
すでに、廃業せざるを得ないバラ農家も出始めたとか・・
しかしながら、このビニールハウスのために、農協から1億近い借金を
している農家もあり、返済のために赤字を覚悟で栽培しているそうです。

それでは海外のバラは・・
価格は安いのですが、農薬を多量に使っているものもあり、
むろん、入浴用としてお湯に入れることは危険です。

野菜やお米だけでなく、花さえも外国産に価格で負けてしまう今の日本。
バラの花の前で、二人して深~いため息。
by genki-saitama | 2008-02-12 22:44
雪は降る・・あなたは来ない  2007/2/10
e0061038_1382949.jpg

「雪が降る
あなたは来ない
雪が降る
こころに重く」

人形の吹くフルートからこんな歌が
聞こえて来たような気がします。

ここは芝公園駅の近く、
人の声もビルの灯りも
雪の中にひっそりと沈んでいました。

e0061038_13131069.jpg

見上げた木の枝に、一瞬花が咲いた
淡い綿毛のような雪の花
木々の枝にふんわりと咲いた雪の花

春はどの辺まで来ているのでしょうか。
by genki-saitama | 2008-02-10 13:26




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧