<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
人生の扉・竹内まりや  2008/10/30
満開の桜や 色づく山の紅葉を 
この先いったい何度 見ることになるのだろう
ひとつひとつの 扉をあけては 感じるその重さ♪

これは最近お気に入りの曲、竹内まりやの「人生の扉」。
娘が携帯にダウンロードして、繰り返し私に聞かせてくれる。
20代、30代、40代と楽しく華やかに生きてきて
But,I feel it's nice to be 50

「この先いったい何度 見ることになるのだろう」という
歌詞の所に来ると、おばさんは、いつも胸がうううっとなって
鮮やかなもみじの葉っぱの一枚一枚が、いとおしくなる。
お前も人生のフィナーレか・・・・

私の母は70過ぎてすぐに痴呆が始まった。
とすれば・・私が私でいられるのもあと10年・・
あそこも見てない・これも見てないと ジタバタする私。

「But,I'll maybe live over 90」と歌うと、
娘が「なんだお母さん結構長生きするつもりじゃない」という。

だって、たくさんやりたいことがあるからねえ。
もう、早く走れない分、ゆっくりゆっくり時間をかけて
これからも、ひとつひとつの扉を開けて・・・・
e0061038_083667.jpg

おっと・・これは開けてはいけない「地獄の門」(上野美術館)
by genki-saitama | 2008-10-31 00:24
三国峠・秋色吐息 2008/10/29
e0061038_2175552.jpg

e0061038_2181589.jpg

本日、三国峠まで行ってきました。
高度800メートルを越える頃から、辺りは一変。
見渡す限りの山々が、あでやかな秋の衣に。
平地では株価暴落、未曾有の不景気の嵐が
吹き荒れているのだけれど、
山の上は、いつもと同じ静かな秋。

動きもしない、変わりもしない、叫びもしない。
どっしりと、ひっそりと、冬に向かう山々。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
麓に下りて、沼田の町できのこを買いました。
ひらたけ100円、しめじ140円。
ほっとする値段です。
e0061038_2191728.jpg

なんと、いなごの佃煮3合1500円で売っていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、ようやく携帯がつながった途端
4件の留守番電話。しかも至急の仕事の電話。
山の上のしばしの静寂の時間が霧のように消えて
胃の痛む日々は続く・・・・
by genki-saitama | 2008-10-29 21:34
なーんもない埼玉? 2008/10/28
海のない埼玉
温泉が全国一少ない埼玉
までは良く言われることだが・・・

本日埼玉県の観光シンポジュウムに行ってきました。
そこで知った衝撃的事実。

行ってみたい県全国最下位埼玉
行った後の満足度全国最下位埼玉。
なーんもない埼玉・面白くない埼玉・魅力ない埼玉???

開き直ってキャッチコピーは
「なーんもないからのんびりできます」
などと「元気埼玉」のスタッフとして笑ってはいられない。

先日埼玉と言えば○○だー!というアンケートをとりました。
勿論第1位は川越、浦和レッズと続くのですが、中には
「埼玉と言えば落花生」そりゃ千葉だ
「ディズニーランドに決まっているでしょう」それも千葉だ。
「東京のコバンザメ」そりゃ・・あんまりな。
「何にも思い浮かびません・・」という正直な答え。

埼玉は、努力しなくても東京にくっついていれば
産業も発達したし、ベッドタウンに人も集まってきた。
存在をアピールすることを忘れていた埼玉。
その意味では、これから全国で一番努力が必要な
県かもしれない。

私、観光って山や温泉や遊園地だけではないと思っています。
特別の場所でなくても、心癒される場所。人が元気になれる場所。
埼玉の一番の売りは、「首都圏のECO体験活動の場」
になれること。

本日の会議出席者は、市町村の観光課の人が
多かったようなのですが、休み時間の会話。
「うちはもうジリ貧ですわ」→ため息
「うちのところにも、NHKの朝ドラが来てくれればねえ」→ため息

今日の講師が面白いこと言っていました。
地域を元気にするのは
「よそもの・若者&女性・ばかもの」・・・こりゃ正解かも。
by genki-saitama | 2008-10-29 00:23
負けるな日本! 2008/10/27
なんと26年ぶりの株価安。
株も持っていないくせに、ああ、また26年分、
やり直さなければならないのかとため息。

銀行のATMで口座残高を見て、ため息をついていたら
隣のおじさんも大きなため息。思わず目が合って苦笑い。

景気つけにこんな画像をプレゼント。
e0061038_22231692.jpg

コガネダケだあ~!!
取材で行った、JAの直売所。
なんと見事な黄金色、1パック1200円。
きのこ汁にするとおいしいらしいが・・・。

なんだか、世界中が貧乏なら恐くない・・と言ったら怒られる?
結婚したばかりの26年前。
給料日前になると、一袋200円の油揚げ買ってきて2日間は
お稲荷さん。
もやし炒めに、もやしの味噌汁・・・
26年前の献立を思い出しては、古い友人たちと大笑い。
オバサン仲間は、逞しい。
by genki-saitama | 2008-10-27 23:00
ミューおばさん、食欲の秋!トホホホ 2008/10/26
癌治療に通っているミューですが・・・
食欲だけは旺盛です。

土曜の夜、娘と二人ゆっくりスナック菓子をつまみながら
テレビを見ていた時のこと、
寝ていたはずのミューが、ごそごそしていたかと思うと・・
突然、この姿に~!!
e0061038_1158446.jpg

袋をかぶったまま、残りのスナックを食べてしまいました。
ミューは、ただ今、ダイエット中なのですが・・・
まあ・・土曜日の夜だから、許してあげよう。
by genki-saitama | 2008-10-26 12:02
関越道サービスエリア グルメ旅  2008/10/25
練馬から新潟へ抜ける関越自動車道。
その高速沿いのサービスエリアに面白いものを
売っているという情報あり。
これは「元気埼玉」のネタになると出かけることに。

三芳サービスエリアでは、おいしそうなパンやさん発見。
これが噂のメロンパン。
e0061038_15423251.jpg

人気第一位は、チョコパイ。
e0061038_15442342.jpg
e0061038_15444051.jpg


高坂サービスエリアでは、どら弁。
駅弁・空弁・そしてドライブ用のどら弁。
e0061038_15574995.jpg

ここは東松山の焼き鳥で有名なエリア、もちろん
「彩の国みそだれやきとり弁当」 800円
e0061038_1558419.jpg

じゃーん!!おいしそうでしょ!!
埼玉のネギを使ったねぎま串。
柔らかいもも串、甘辛い醤油だれのつくね。
あのモンドセレクションに輝いた、
ひびき秘伝のみそだれ が添えてあります。
e0061038_15582049.jpg

残念ながら、「黒豚劇場・四季彩采」は売り切れ。
写真だけでご勘弁を。
e0061038_15584250.jpg

さらにはこんなもの発見!!
「愛犬専用 どら弁当ポチ」
e0061038_15595725.jpg


その土地の特産を旨く活かした商品のあれこれ。
あれもおいしそう・これもおいしそう・・と食べるは、買い込むは・・・
完全に取材を忘れて観光モードの半日となりました。
by genki-saitama | 2008-10-25 16:20
10月にお花見?まさか! 2008/10/22
10月にお花見??なんていう人に自慢しちゃおう。なんと、桜を見にいってきたんですよ。
e0061038_18173144.jpg

冬桜といって年に2回咲いてくれる、けなげな桜があるんですよ。
11月から12月初めまで、わりと長期間咲いています。
群馬県の鬼石、埼玉県の神川町が有名です。
e0061038_18203150.jpg

e0061038_18211552.jpg

鮮やかな赤や黄色の紅葉をバックに咲く、淡いピンクの桜。
幻想的でしょ・・・
今はいつ?なんて時空を越えた光景です。

鬼石の山の上の桜公園は、まだ人も少なくて秋の光が
キラキラまぶしいくらい。
e0061038_18252956.jpg


仕事で出かけた関越道。
ふらふらと走り回っていたら、いつのまにか群馬との県境。
山の上にひっそりと広がる冬桜の里、
物音ひとつしない静けさの中で、息をのむような一瞬。
by genki-saitama | 2008-10-23 18:40
ついに届いた年金特別便  2008/10/21
まず、定年前の夫に届いた年金特別便
次に届いたのは何故か20代の娘の分、
首を長~く待つこと2ヶ月、
最後に届いた、私の年金特別便。
e0061038_10231273.jpg


20歳になったとき、母が払い始めてくれた国民年金。
「これがあれば年をとっても安心だから。」
そして就職してから自分で払い始めた厚生年金。

結婚して、夫の扶養家族になり、私の年金歴は11年間の空白。
「僕の会社は大きいから、企業年金で大丈夫だよ。」

そのあと第3号被保険者の制度ができ、
子供が大きくなって働き始めてまたまた厚生年金。
15年に少し欠けて、退職。今また国民年金。

年金の履歴が私の履歴。
母が言った「これさえあれば年取っても大丈夫」の言葉、
夫が言った「僕の会社は大丈夫」は企業合併で制度が変わってしまい
「大丈夫」の言葉がいかにあてにならないかを痛感した次第。

そんなわけで、私まだまだがんばりま~す。
生涯現役なんて、かっこいい言葉でなくてもいい・・・
「あれ」とか「これ」とかわけのわからない言葉を駆使しながら
物忘れして、体力が落ちて「ごめん・ごめん」と謝りながら・・
たくましいおばさんはきっと魅力的だと、自我自賛しつつ。

きっと、あとまだ10年は大丈夫だと思う。
あてにならない?大丈夫・・・・
まあ、みんなで掛け声掛けながら生きていきますか。ワッセワッセとね。
by genki-saitama | 2008-10-21 10:40
群馬はこれ!焼き饅頭  2008/10/16
またまた、ブログのさぼり癖。
最近、パソコンのせいでしょうか・・夜は目の奥が痛くて
画面がかすんで見えます。
60近くになって、一日中パソコンをにらんでいると
眉間に皺がくっきり・・・困ったことです。
などと・・いいわけ。

昨日、久しぶりに猿ヶ京へ出かけてきました。これも、仕事・・・。
片道3時間30分かけて、打ち合わせの後、また飛んで帰ると
いう強行軍。
帰りのバスを待つ時間は、普段はイライラタイムなのですが
バス停の石の上に腰掛けて、のんびり旅気分。

辺りはすっかり秋の色。
e0061038_23361920.jpg

もう風が冷たく感じられるくらいです。

時間に追いかけられて、昼ごはんを食べる時間がなく
おなかがグーッ、キョロキョロしていると
沼田駅の前のおみやげ物やさんの
中から、なんとなんと香ばしい香り。
群馬名物 焼きまんじゅう

焼き饅頭は、田舎の山口では見なかったもの。
でも、この味噌だれの味は、なぜか懐かしい・・・
ここのお店は、炭火で時間をかけて焼いてくれます。
パチパチとはじける、炭の音。
e0061038_23482943.jpg

大きなはけで、丁寧に味噌だれを塗って、また炭火の上へ。
e0061038_23494681.jpg

さあ、焼けた!!
e0061038_23485630.jpg

お茶と一緒に召し上がれ。
e0061038_2350239.jpg

ふはふはふは・・とアツアツを口にほうばれば、
外はこんがり、中はふんわり。
味噌のこげた香りと、甘しょっぱ~い味。
ほうじ茶をすすりながら、おばちゃんと世間話。

往復7時間鈍行の旅は疲れたけれど、家に着くまで
口の周りに味噌の味。
少しばかりの旅気分の一日でした。
by genki-saitama | 2008-10-16 23:59
「おくりびと」見て来ました  2008/10/9
今、話題の映画「おくりびと」を見てきました。
チェロの奏者だった主人公の大悟が、オーケストラの突然の
解散で職を失い、故里の山形に帰って来るところから
物語はスタートします。

「旅のお手伝い」という求人広告は、実は「旅立ちのお手伝い」、
高給にひかれて、納棺師という実に変わった仕事に就きます。

ひとつひとつのお葬式に、それぞれのドラマがあり
日常の中にに隠されていた家族の想いが、死をきっかけに
御棺の前でどっとふき出します。

戸惑い、恨み、愛情、哀しみ・・・
突然にぷっつりと絶たれた「生」の流れが
行き場を失って、深くよどみ、激しくぶっつかり
残された者を揺さぶります。

そんな想いが納棺という儀式の中で、昇華されて行き
やがては、「死」という門の前に立ち尽くします。
「送る者」と「送られる者」、
でも、いつかはみんな「送られる者。

大悟は納棺師という仕事に就いたことで友人はおろか
妻にまで「けがわらしい」と蔑まれます。
でも肉親の身近な死に触れて「死」が決して汚わらしいものではない
ことに気付きいていきます。
(以前は葬儀に参列すると、御清めの塩なんてもらいましたが
最近はそんな風習少なくなりましたよね)

映画の中で、いくつかの別れのシーンがありました。
亡くなったおばあちゃんに「おばあちゃん一度
履いてみたいと言っていたよ」とルーズソックスをはかせる
高校生の孫。ずいぶん若返って旅立っていきました。

おじいちゃんの顔に、奥さんやお嬢さん、孫たちまでが
別れのキスマークをベタベタつけて送り出すシーン、
おじいちゃんの満足そうな顔。

さてさて、遠からず「送られ人」になる私、どんなラストシーンを
用意しましょうか・・・・

PS
父の葬儀の時の納棺を思い出しました。
若い女性が来て、「お化粧をされますか?」と聞かれたので
おしゃれだった父のこと、闘病生活の疲れを見せたらかわいそうだと
思い「お願いします」といったひとこと・・・・まさか・まさか・・・

「終わりました」という言葉に、姉と二人で父の顔を覗き込み
大爆笑!!!!
頬紅は真っ赤か。。。まるでおてもやん。
唇も真っ赤か。。。。まるで志村けんの馬鹿殿風・・・

田舎はこうなのか、それとも彼女の技術不足か?
私、臨終が近くなったら枕元に元気な頃の自分の写真を置いておく。
「こんなふうに仕上げてください」と一筆添えて。
by genki-saitama | 2008-10-10 00:36




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧