<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ついに変りましたねえ・・2009/8/31
この世に生まれて以来60年近くなるけれど
知っているのはずっと「自民党」。
1955年に結成されたと言うから生まれてからほとんど
この政権で束ねられた世の中を生きてきたということ。
生まれは山口なので大物政治家には事欠かない。
岸さん、佐藤さん、安倍さん・・・
おかげで山口の道路は隅々まで舗装されていますよ。

今回の選挙、有権者自身の手で選び変えたというより、もう積もり積もった
チリを叩き落としたいという思い。
民主党を選んだというより自民党を選びたくなかったという選択肢。

1年ごとに変る総理大臣、しかも自分から投げ出す総理の椅子。
そのたびに国会は止まり、国民のための重要審議は後回し。

早くからメディアは民主党が300議席を上回って圧勝という
シナリオを書き出していたけれど、
今回、気の毒に思うのはやる気のあった自民党の若手議員。

私の選挙区では、もと弁護士の30代の自民党公認の候補者。
国選弁護人をやっているうちに、弱者を守りたいと政治家の道へ。
真面目で熱血漢の人だったらしいが・・・・。
ポスターの左上の押しピンの場所に小さく小さく「自由民主党公認」の文字。
結果は、対立党の新人候補に惨敗。

そして、今回の責任を取るべき大物政治家たちは当選。
(落選した人たちも多かったけれど・・・)
次の世代に活躍するはずの、若い後輩達を守りきれずことごとく潰して
自分の当選のためになりふりかまわず走り回った大物政治家の人たち。
潔く、若い世代に道を譲りなさいと言いたい。
「自民党をぶっ壊す」と言いつつ、自分の子だけを守りきった
大物議員もいましたねえ。

今回当選した大物政治家・M氏の街頭演説を聞いて絶句。
対立候補の若い女性候補者に対して
「女と言うことだけで媚を売っているだけだ」と批判。
おばさんは、その言葉に激怒する!!

今回、たくさんの女性議員が誕生したことはうれしい。
「スーパーに買い物に行き、しっかりと物の値段を知っている人」
「子供を育てて、教育のゆがみに親子で苦しんだ人」
「非正規社員の痛みを知っている人」
普通の感覚を持った女性達が国政に出て行く。
おばさんは「バンザイ」と叫びたい。

今回、大勝利した民主党。
新人議員を小泉チルドレンのように使い捨てることだけはしないで欲しい。
次の世代の政治家たちを、まっすぐに育てることをしてほしい。
今回当選した新人政治家達の「普通の生活感覚」が日本を変えていくと信じたい。
by genki-saitama | 2009-08-31 23:51
瀬戸内柳井 帰省編4
遅ればせながら、お盆に帰省した折の話。
明日は東京へ帰るという日、姉が昔暮らした「光市の室積」へ行ってみようと
言い出しました。
私が幼稚園から高校まで通った小さな町、町全体が
瀬戸内海国立公園にすっぽりと入っています。
小さな半島があって、灯台があって、朝になると小さな船が
一斉に「ポンポンポン」というエンジンの音を響かせながら
港を出て行きます。

この季節になると小学校の運動場が「干しえび」作りの作業場に、
真っ赤な「干しえび」を広げたムシロがぎっしりと並べられていました。
1時になると子供会のみんなが水着を着て集まります。
入道雲の下を一列になってぞろぞろと海へ、
歩いて10分のところへ海水浴場がありました。

あれから50年、既に還暦前後の姉妹となりました。
ああだ、こうだと賑やかに思い出話をしながら車で通り過ぎた室積の町、
大きなビルが出来たわけでもなし、国道に信号ができたくらい・・・
ゆっくりと時間が過ぎる町です。

さて、目的地は金魚提灯や白壁通りで最近有名になった柳井の町。
お祭りは終わったばかりですが、赤い提灯が町中に揺れています。
e0061038_12573028.jpg

e0061038_125939100.jpg
古いお醤油やさんがありました。佐川醤油、今も昔ながらの製法でお醤油作りをしています。
甘みのあるまろやかな濃いお醤油です。田舎を出てから安いお醤油ばかり使っていると
いつの間にか忘れてしまったこの味。
まさに甘露・甘露。





e0061038_1332118.jpg

e0061038_1354568.jpg
小さなアカテガニが走り回る細い路地に入るとこんな素敵なコーヒーやさんを見つけました。
東京でネクタイの会社に勤めていたのだけれど定年でこの町へ帰ってきてコーヒー店を始めたというオーナー。思いっきりオーナーの趣味だけで作った、男のおしゃれが感じられる店です。

さて、そろそろおなかがすいて、海辺の海鮮レストランへ。
e0061038_1317738.jpg

e0061038_13181813.jpg

わはははは・・・たい・タイ・鯛。瀬戸内のぴちぴちした鯛御膳。
(手前に見えるのは蛸の軟らか煮・姉が頼んだエビフライ御膳は
エビが20センチはあろうかという車えび、お皿からはみ出ておりました。)
あまりのおいしさに・・わはははは・・・興奮状態。

窓の外は、瀬戸内の穏やかな海、
40年前、どうしてあんなに毎日、この海辺の町を出ることばかり
考えていたのでしょうかねえ。
親から離れてこの町を出ることだけを夢見ていた私・・・
40年間かけて、さて私は何をしてきたのかと、
中原中也の詩を思い出す、ふるさとの海でした。
by genki-saitama | 2009-08-29 13:37
母さんごめん!  帰省編3
何回も書いたけれど、母の意識は時々雲の上に乗る。
自分で何をしているのか、分からなくなって
ふわふわと、空の上を飛んでいくらしい。

時々、ストーンと地上に落ちて
「あああ・・、こんな自分になってしまって」と自分を責める。
帰省している間、何回も聞いた「いっそのこと、死んだほうがいい」

そんな母に思わず出た言葉、
「お母さん、いいこと教えてあげようか。
1.2.3で息を止めるんだよ。
じっと我慢してたらきっと死ねるよ。」・・なんと意地悪な娘。

母は大きく息を吸い込むと、両手で口を押さえて
本当に息を止めてしまった。
でも、ほんの5つも数えないうちに「ぷーっ」と吹き出して
そして言った言葉「死ぬって苦しいねえ」

「だからねえ・・死なないほうがいいと思うよ。」と私が言うと
「そうだねえ、死ぬとあんた達がかわいそうだからねえ。」と母。
「そうだ・そうだ、死なないほうがいいよ。」と二人して
大笑い。そしていつの間にか泣き笑い。

母さん、ごめん。
素直に長生きしてねと言えばよかったのにね・・私。
by genki-saitama | 2009-08-24 23:41
故郷編2
母の見舞いに帰った山口ですが、初期化された母の脳に
凄い能力がある事を発見。
母はずっと父と姉夫婦で商売をしており、経理担当でした。
計算はその頃から得意で、私が打つ電卓よりも早く暗算で計算していました。

姉の孫が夏休みの宿題に持ってきた「暗算カード」
孫は誇らしげに「おばあちゃんできる?」とそのカードを見せました。
ところが、そのカードを見ていた母が突然計算を始めました。
その早いこと!!!「オウ!!」みんな唖然・・・・
本当に人間の脳ってどうなっているんでしょうか???

さて、今回の帰省は母の見舞いと、介護で疲れた姉と遊ぶこと。
1日目は川遊びで頭の先までびしょ濡れになって大笑い。
2日目は下関と門司へ。

これが関門海峡、あいにく天気は悪いのですが
こちらが下関、対岸が門司。この狭い海峡を多くのタンカーが行きかいます。
関門海峡、夏景色♪♪
e0061038_1321181.jpg


下関といえばフグ。子供の頃からおなじみの魚です。
海響館という水族館には、いろんな種類のフグがイルワイルワ。
e0061038_13155951.jpg

愛嬌のある顔、なんとなく誰かににているような・・・。

フグのセリでも有名な唐戸市場、この場内にある食堂で活きのいい
魚を食べるのを楽しみにしていたのですが、お盆で休み。
e0061038_13251087.jpg

仕方なく近くの回転寿司へ。
e0061038_1326109.jpg

フグの唐揚げ、ふぐ刺し、握り・・フグのオンパレード。
穴子や海老の大きいこと。
場外では、フグバーガー、フグドッグ、フグ串カツ。
e0061038_13291088.jpg


さて、渦潮を横目に見ながら、船で対岸の門司へ。
明治、大正、昭和初期まで海の玄関口として栄えた町、
古い建物を残したレトロな街並みが観光客で賑わっています。
大正3年に建てられた旧門司港駅、木造のネオルネッサンス様式、
国の重要文化財となっています。
e0061038_13444383.jpg

旧大阪商船。大正6年に建設されたオレンジ色の外壁と八角形の塔が特徴です。
e0061038_13402888.jpg

旧門司税関、これは明治時代の建物。
e0061038_1346697.jpg

そしてなぜか「恋人の聖地」認定だという跳ね橋、ブルーウイングもじ、1日に6回開閉します。
e0061038_13494070.jpg

e0061038_13505653.jpg

e0061038_13513143.jpg

e0061038_13532054.jpg

e0061038_13535760.jpg

あれ~ッ!!恋人は右と左の泣き別れ・・
大丈夫、20分待てばまた会うことが出来ます。

その昔、この町には中国やヨーロッパからたくさんの商品が運ばれ、
潮の香りにのって異国の華やかな香りが流れていたのでしょうね。
髭をはやした偉そうな税関の役人、
外国帰りの粋な船乗りさんや、金持ちそうな実業家がこの町を
歩いていたんでしょう。
目を閉じて、そんな光景を空想して、ちょっとした旅気分。
by genki-saitama | 2009-08-23 14:03
ふるさとはうれしい   2009/8/14
東京発12時40分ののぞみに乗って山口の徳山に着いたのが17時過ぎ。
新幹線に飛び乗ればたった4時間半でつく我が故郷、
近いはずなのですが、なぜか遠く感じる故郷です。

一番気がかりだったのは母が私を覚えているかどうかということ。
母の部屋に入ると、ちょこんと坐った母・・小さくなったものです。
「ただいま」と声を掛けたのですが、母はあんぐり口をあけて私を
見上げたまま。
あああ・・やっぱり忘れてしまったのかなと・・・・

姪がそばから「おばあちゃんには、子どもは何人?」と聞くと
「二人娘がおりますが、上の娘の名は○○で一緒にすんでおります。
下の娘の名は・・・えーっと・・・忘れた・・」

その娘ですよ、お忘れかな?と声を掛けると
「お前が、あんまり年をとったのでわからなかった」と。
そうか・・私もすっかり年をとったものねえ。

夕方、母と一緒にお風呂に入りました。
背中を流してあげると、突然オイオイ泣き出した母。
「生きててよかった。生きていればこんなうれしいことがあるんだネエ」と
言いながら・・・・。
いつもの母親に戻った母
2年間帰らなくてごめんね、お母さん。

さてそんな再開のシーンがありまして、次の日は姉の孫を連れて
近くの川へ。
e0061038_1355975.jpg

e0061038_1361828.jpg

写真に写っているのは、姉とその孫。
6歳の男の子はどうしてこんなに良く動き回るのでしょうか。
大おばさんは、もうギブアップ。
自分に孫ができた時の事を考えると、今からため息。

突然、姉が「歩いて川下りをしよう」と言い出し、
みんなで一列になって川下り開始。
ところが、苔の生えた石から滑ってドボーン。
川の流れに足をとられてバッシャーン。
ついに、頭の先までずぶぬれ状態。
みんなで、おなか抱えて大笑い。
川の流れと山の木々、澄み切った空も笑い声と一緒に揺れて見えました。
久しぶりの故郷では、ほんわかのんびり時間が過ぎていきます。
by genki-saitama | 2009-08-19 13:20
今日から山口 2009/8/13
今年も夏休み返上!なんて考えていたのですが、やっぱり
田舎に帰って母の顔を見て参ります。
もうすっかり初期化した母の脳内細胞。
2年ぶりに見る私の顔が、わかるでしょうか???
「どちら様?」と聞く不思議そうな眼差しに平静でいられるかどうか??

明日からは夏らしい天気になるということ。
山陽新幹線の新岩国の長いトンネルを出ると
まぶしいほどに輝く瀬戸内の海が現れます。
「田舎に帰って来たぞ」と思う瞬間が大好きです。
e0061038_103197.jpg


約、5時間の車中は腰痛にこたえますが
お土産一杯持って、今から東京駅に向かいます。
行ってきます!!
by genki-saitama | 2009-08-13 10:33
早起きおばさんに変身! 2009/8/9
一週間に一度のブログ、
ブログを書き始めた頃は、書くことが山のようにあって
楽しくてしかたなかったのですが・・・
最近は感性にも老化現象が出始めたようです。
笑ったり、感動したり、怒ったり・・心の中の表情筋が
硬化してきたようです。
困ったもんです。
土曜、日曜は仕事を休んで本を読んだりコンサートへ行ったり、
少し生活を変えてみました。

その上「体のほうは、まだまだ大丈夫!」なんて思っていたら
夜中に激しいふくらはぎの痛み・・
まるで錐を刺されるような(刺されたことはまだないけれど)。
これは運動不足ということで、朝1時間、歩き始めました。
なんと今日で一週間続いています。
初日は、足が重くて飼い犬に引っ張られていたのですが
体って正直なものです。
今日はもう、早足で1時間、飼い犬を引っ張って歩けるように
なりました。
途中、公園でラジオ体操もしているせいか、激しい肩こりも
楽になり始め、100mくらいなら息切れせず走れるようになりました。
e0061038_054037.jpg
少し余裕も出来て、途中の花畑をカメラで写したり









e0061038_07089.jpg





野菜畑を観察したり。
ところで、このトマト1週間前から
少しも赤くなりません。
青いまま、固そうなトマトです。
16年ぶりの冷夏・・・
畑のとうもろこしもかぼちゃも
茶色に枯れ始めています。
夏のお日さまが待ち遠しい!!


ところで、突如やる気になったおばさんに朝早くから付き合わされる
バニラは少々迷惑顔、散歩から帰ると一目散にソファーの上へ。
e0061038_0184029.jpg

明日からは、5時半から散歩スタートです。
by genki-saitama | 2009-08-10 00:21
赤い色は力なり!韓国料理  
娘が結婚したら、もう甘やかすものか・・と思っていたのですが
郷里の姉から、白桃がひと箱届きました。

「ちょっと行って来ます」と、桃を抱えて娘の家へ。
家にいるときは、何一つしようとしなかった娘が、今や主婦業と
会社勤めをこなしているのだから驚きです。
人間、愛があれば変わるもんです。

娘と会えば必ず出るのが「おいしいもの食べに行こう!」
今年の夏は雨ばかり、なんとなくパワーがでないこの頃です。
そんな時はもちろん「カカカカラーイ韓国料理」
見よ!この赤色のパワー。
e0061038_17485055.jpg

ユッケジャンスープ、海鮮チヂミ、白菜キムチ
「アアダ・コウダ」と言いながら、娘と食べる食事のおいしいこと、
今日から元気!

(もしかして、子離れできない私・・・)
by genki-saitama | 2009-08-03 17:44
政治はギャンブル?? 2009/8/2
e0061038_23138100.jpg

我が家のポストにこんな小冊子。
「政治は ギャンブルじゃない」
あらまあ・・・。
こんなキャッチコピーを考えた人はどんな人?

私達ギャンブルをするほど、余裕があるように
見えたのかしらねえ。
むしろ、政治家の方がよほどギャンブラー。
私達、もうスッテンテンでございます。

昨日元気埼玉の「今日のひとこと」を書いていたときのこと、
センキョコウヤクとキーボードたたいて変換したら
出てきたのは「選挙膏薬」
私のパソコンは私の思考回路に馴染んできたらしい。

そういえば、お互いの選挙公約の揚げ足取りで
はがしては貼り、貼っては剥がし、
効き目はちっとも現れない。
何かの薬に「効かなかった場合は全額お返しいたします。」と
いうのがありましたが、政治膏薬にはそんなのはないんでしょうかね。

それにしても、今回の選挙で守って欲しいのが「天下りの禁止」
仕事であちこち回っているのですが、都心の一等地にあるビル。
社団法人○○、○○協会・・・
名称はすごい名前がついているのですが、ドアを開けると
女性事務員1~2人、昔官僚だったとおぼしき、おじさん一人。
暇なんでしょうね・・。話をきいてはもらえるのですが
「あのね、この事務局にはなんの権限もないの。
ここでは、何にもしてないのよ。」
それでも、次の天下りの人のためにじっと席を暖めているのが
仕事らしい。

?????でも、給料も退職金もがっぽり出るに違いない。
○○界隈には、こんな場所が山のようにあるらしいという話。

「政治はギャンブルではない」と書かれたこの小冊子。
隅から隅まで読んだけれど、書いてあるのは相手の悪口ばかり。
「天下り」「財政の無駄」についてはひとことも書かれていない。

さて、さて8月末には・・・どんな結果がでるのでしょうか・・・・。
by genki-saitama | 2009-08-02 23:48




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧