<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
すっきりばっさり事業仕分け 2009/11/17
仕事でじっとパソコン画面を睨む日が多くなりました。
両肩に湿布薬、老眼をかけても見えにくい画面。
「イケメン会議」なんていうyahooニュースを見て面食いの私は
思わずクリックしてしまいました。
イケメンではなく、イエメンの間違いでした・・・・
一人で思わずフッフッフッフと情けない笑い。おばさんだねえ・・・

さて話題のスッキリバッサリの事業仕分け、あの国立女性教育会館は
埼玉県の嵐山というところにあったのに気付きました。
この辺りは今頃紅葉がきれいな静かな場所です。
以前、NPOの人と一緒に近くの歴史散策に出かけたとき
ひっそりと人影の無い山里に忽然と現れた巨大な施設を見かけました。

「あれは何?」の問いかけに案内してくれた人が教えてくれました。
「使わなければもったいないほどの豪華な施設ですよ。
たいてい空いているので予約は簡単ですよ。」

この施設、男性も利用することができます。
約4万坪の敷地に、会議室、宿泊棟のほか日本庭園、茶室、室内温水
プールも完備しています。
昭和52年に建てられたというので老朽化のせいもあるのでしょう。
維持管理費の6億円が今回問題になったようです。

「私の話も聞いてください」と蓮舫氏と闘ったのは理事長の神田さん。
テレビで何度も彼女の姿が映されるのは少々痛々しい。
まだ女性が働くことさえよしとされなかった頃からずっと
女性の地位向上のために働いてきた人で天下りではないようです。

本日社民党の福島さんが「長い歴史のなかで必要とされてきたもので
一概に無駄とはいいきれない」と擁護とも受け取れる発言を
していました。

確かに長い男性中心社会のなかで、女性のために作られた施設は
必要な時期もあったに違いないと思います。
けれど、今はみんなが少しずつ我慢をする時、会議に温水プールは
いらないし、会議の合間に茶室でお茶を楽しむ時間も多分無い。
しばらくは温水プールは夏だけに、宿泊費の安い分だけ朝早く起きて
広大な日本庭園の庭掃除のボランティアというのもいいかもしれない。
もう女性であるからといって元気な女性までが余分なサービスを
受ける時代ではないはず。

ところで、今まで仕事を通じて様々な天下りの社団法人、財団法人を見てきました。
都心の一等地の事務所と、女性事務員2~3人。
「仕事らしい仕事はほとんどないんですよ」と打ち明けてくれたオジサン。
民間に仕事丸投げの実体。知れば知るほど怒り狂う実体です。
今回これらの団体がバッサリと切られて行くのは嬉しいこと。
スッキリバッサリ仕分けられていく事業仕分け、初めて政治を身近に
感じることが出来るような気がします。
by genki-saitama | 2009-11-17 23:26
ユニクロのひとり勝ち  2009/11/15
e0061038_2371641.jpg
貧乏暇無し、気がついたらこのところずっと土日なし。久しぶりに娘を呼び出して池袋で三橋のソフトクりームあんみつ。疲れたときにはこれ、これ。


久しぶりに池袋をウロウロ。
地下鉄が渋谷まで開通して以来、新宿や渋谷にお客さんを
奪われていた池袋だけれども、ヤマダ電機が出来て以来驚くほどの人波が。
池袋は秋葉原のように家電製品の街として活気を取り戻せたようです。

閑散としていたデパートの売り場も少しだけ賑やかになったような。
それでも肝心の婦人服の売り場には人影すらない売り場があり
冬物衣類の季節が始まったと言うのにねえ。

そのなかで一箇所、混み合っていた売り場はデパートの中のユニクロ。
ヒーッテクの半袖下着を買おうと思っていたのだけれど、すでに品切れ。
キャッシャーの前には商品を抱えた人の長蛇の列。
みんなここで冬物を買っていたんだ。

以前はユニクロは若者の洋服、なんて思っていた私も今や
セーター、パンツ、靴下と上から下までユニクロ揃え。
娘とおそろいを買う事もあり、若返ったような気もして。

パンツ1本、1990円、セーター1440円の
ユニクロのプライスカードを見ながら思うこと。
バブルに浮かされて、給料日のたびにデパートを走り回っていた
あの日々は、一体なんだったんだろう。
by genki-saitama | 2009-11-16 00:05
早起きは何文の得?2009/11/10
ゆっくり、ゆっくりとブログを書いて行きます。

e0061038_2245421.jpg

朝、6時前日の出を待って散歩に出かけます。
e0061038_226973.jpg

徐々に寒くなり、バニラもちょっと厚着です。
e0061038_22715.jpg

家のそばに大井弁天の森という、木々に囲まれた小さな
公園があります。ここでご近所の皆さんに混じってラジオ体操。
もう常連さんになりました。

季節がどんどん変わって行きます。
朝の1時間の散歩、最初はダイエット目的でしたが
今では朝日の中で毎日変わっていく季節の一瞬を見るのが大好きに
なりました。
e0061038_22144792.jpg

お茶の花、近づくとジャスミンのような甘い香りがします。
e0061038_22155567.jpg

紅葉した葉のむこうに朝日、ステンドグラスのようにきらきらと
輝いて見えます。
e0061038_2217524.jpg

そして冬桜が咲き始めました。

昨日と違う今日の景色が、ぱらぱらとめくられて行きます。
コンクリートの街中では見られない、確かなる時の流れ。
「今」が白い朝霧に乗って消えていきます。
by genki-saitama | 2009-11-10 22:18
地産多消、地産広消  2009/11/4
私の会社では「給食バンザイ」と「はなまる給食」の
二つのサイトで学校給食の公開をやっています。
(はなまるには保育園児の給食時間の可愛い写真が載っていますから是非
ご覧下さい。)

その関係でいろんな食育を推進する人たちや農業関係の
人たちに会うことが多くなりました。
話の中で必ず出てくるのが「地産地消」という言葉、
二つのサイトの中でも埼玉産の野菜を使った献立が
いろいろ工夫されています。
埼玉の特産品は、小松菜、ブロッコリー、長ねぎ、さつま芋など
新鮮な野菜です。
特に今月は「彩の国ふるさと給食月間」で埼玉の郷土料理が
紹介されています。
おっきりこみうどん、ゼリーフライ、さつま芋の入った小江戸カレー。

ところで、先日会ったある地域の方がこんなことを話していました。
「私の地域では100パーセント自給自足のできる地産地消の独立地域を
目指しています。」
確かに地元の新鮮な食材を食べることは幸せなことです。
でも、その理論で言えば埼玉県は野菜ばかり・・
東京にいたっては食べるものがなくなってしまう・・・

私が今考えるのは「地産多消」や「地産広消」
地元で出来たいいものは広い地域でたくさんの人に食べてもらうこと、
それでも日本の国の単位で考えれば「地産地消」だと思うのです。
なんだか「地産地消」と言う言葉にこだわりすぎて、小さな地域に
固まってしまった気がしてなりません。

「おいしいものはおすそ分け」
そんな優しい気持ちで出来た特産品は、もっともっと
美味しい気がするのですがねえ。

私の夢は「はなまる給食」を日本中に広げること。
こども達に日本各地の「地産地消」や「郷土料理」を
見せてやりたいと思っています。
日本にはこんなにたくさんの食材があるということ、
そしてそれを使った様々なおいしい食べ方があるということを
こども達に伝えたい。

小さな会社の大き過ぎる夢、願えば叶うと信じることにして。
(ミューおばさんのまたまた夜更けの大風呂敷・・・
明日もため息つきながらがんばりますか・・フウッ・・・・)
by genki-saitama | 2009-11-04 23:36
夫婦の仲  2009/11/1
先週、銀座まで黒柳徹子さんの「ベッドルームファンタジー」という
お芝居を見に行きました。
仕事が忙しく妻に関心を持たなくなった夫と
豊かな生活をしながらも夫の愛に飢えた淋しい妻。

そんな二人が以前のような関係を取り戻したいと回りを巻き込んで
試みた怪しい様々な療法。
最後は誰の手も借りず、二人だけで夫婦の関係を修復していくという
ストーリー。
際どい大人の会話が続くのですが、それが深刻に感じられないのは
出演者の人柄のせいでしょうか。

トットちゃんは76歳とは思えないほど、綺麗でセクシーな黒い下着姿。
手入れしていない我が身を思うと、いやはや・・もう・・・・情けない・・・

元気埼玉で観劇希望者を募っていたのですが、二組のご夫婦が
参加してくださいました。
お芝居が終った後、お二人で夕方の銀座を歩いていかれる姿を
見ていると、なんだかとってもオシャレでいいなあ・・・・・

そんなわけで、今日は夫を久々の食事に誘いました。
我が家の夫は、外食嫌いの上に外へ遊びに行くのは苦手です。
「ほら、今近くのインドカレーの店でナンが食べ放題だから・・」
食べ放題で釣るなんて全くムードのない話。
「インドカレーねえ・・」珍しく腰を上げた夫と一緒に近くのカレー屋さんへ。
e0061038_23262445.jpg

e0061038_23264899.jpg

二人で仲良く分けっこ。アツアツのナンに大満足。

娘が結婚して家を出て二人きりになってから、そういえばカレーなんて
煮込んだことがありません。
仕事の合間にあわただしく作る料理、今や小さな片手鍋で
作れる料理ばかりです。
大鍋も出番無し、出刃包丁と刺身包丁は既にさび付いております。
ひょっとして我が家の夫婦の間も、錆び始めているかもねえ・・・
来週あたり、久々に包丁を研いで、ちょっと腕をふるってみましょうか。

新婚時代、料理を作って今か今かとドキドキしながら
夫の帰りを待っていたあの頃をちょっとばかり思い出しながら・・ネエ。
by genki-saitama | 2009-11-01 23:44




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧