<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ショックなお弁当 2010/1/31
ある学校の先生に実際に伺った話です。
低学年の子供たちにお弁当を持ってくる日がありました。
その先生が「どんなお弁当を持ってきたのかな?」と、
子どもたちのお弁当を見て回っていると
そこに信じられない光景が!!
かわいいお弁当箱の中に詰められていたのはスナック菓子のおっとっと。
子どもは嬉しそうにポリポリ食べていたそうですが、
流石にまわりの子どもたちが「先生、○○ちゃん、お菓子食べてるよ」と
騒ぎ出したとか・・。
 後日、父兄との懇談会があった時、その「おっとっと弁当」を
作ったお母さんに聞くと
「あの子、好き嫌いが激しくて食べてくれないものですから、
食べないよりはマシだと思って。」と答えたそうです。

これで驚いてはいけない。若いお母さんだけではない・・。
今度は管理栄養士さんに聞いた話。
彼女のところではシニアの生活習慣病予防のために、
担当するシニアの方から(肥満指導をしている方)毎日の食事の写真を
携帯電話で送ってもらっている。
「今日の昼食事はきのこです。」と書かれたメールに
添付されていた写真は・・・
お皿に乗ったチョコレート菓子の「きのこの山」!!

う~ん、これをイメージで再現するとホレ、このとおり。
e0061038_18175628.jpg


せめて野菜ジュースをつけたら少しは違う?と思ってこうしたら
e0061038_1818304.jpg

管理栄養士さんに野菜ジュースは野菜ではありませんと、ピシャリ一言。
すいません・・・。

シニアのかたも学校給食の献立が役に立ちます。
学校給食の献立は「はなまる給食」「給食バンザイ」
by genki-saitama | 2010-01-31 18:18
明日は晴れる   2010/1/27
吹けば10キロ先まで飛んでいきそうな私の会社。
口を開けば「あともうちょっとだけ辛抱ね」

昨年は年末ぎりぎりまで仕事していましたので忘年会なんて
する暇もありませんでした。
だけど、嬉しいことがちょっとでもあったらみんなでランチへ出かけます。

本日はちょっとばかり嬉しいことがありそうな予感があったので
お昼はおすし屋さんへ。
e0061038_08726.jpg

上チラシ1500円なり。アルコールなし。
それでも、みんなで夢を語りながら食べるランチはおいしい。

ようし・・みんなア・・そのうち銀座で寿司食べ放題に行くぞ!
スタッフがあきれたように言います。
「あの~もう少し大きな夢を・・・・」
すいません・・・・。何しろ気が小さいもんで。

JALが破綻した、有楽町西武が閉店になる、今日はウイルコムが会社更生法に。
こんな小さな会社でも、あれこれ考えると夜眠れないことがある。
それでも、支えてくれる大好きな(超優秀な)スタッフや大勢の仲間がいる。
だから・・引き下がるわけにはいかない・・・・。
by genki-saitama | 2010-01-28 00:24
気配りをする体重計  2010/1/25
秋までは毎朝5時半に起きて1時間のウォーキングをしていた私で
ありました。
継続は金ナリ・・・おかげでかなりスリムになったのでありますが。

冬になり、夜明けが遅くなって朝のウォーキングの時間がなくなりました。
どう見たって、スカートはピチピチ。お腹はマフィンのように2段状態。
それでも時々乗る体重計の数字は不思議なことにほとんど変わりなし。
「ナーンダ・・年とるとそんなに太らないんだ・・・」と、自分に言い聞かせて
おりましたが。

結婚した娘が1月ぶりに帰って来るなり「どうしたの??そんなに
丸々として。」
それでも、体重計の数字がほとんど変わっていないと言い訳する私。
「絶対に体重計が壊れている!」と娘が言い出して、
ついには10年間、体重65キロを保持している夫を体重計に乗せてみました。

あれれれ!体重計の数字は46㎏でピタッと止まったまま。
我が家の体重計は46㎏以上は上がらない、
人にショックを与えない気配り上手な体重計でした。

ああああ・・・それなのに・・池袋に行ったらデパートで
北海道の物産展をやっておりました。
e0061038_2340966.jpg

オーケストラという大好きなスイーツ。
北海道に旅行に行って以来、もう忘れられないケーキ。
スイートポテトとチーズケーキとプリンが三層になっているのです。

明日は絶対仕事の合間に1万歩、歩きます。
by genki-saitama | 2010-01-25 23:44
みゅーおばさんは「しばかり」に・・2010/1/17
昔々、おじいさんはしばかりに・・おばあさんは洗濯へ・・・
という童話がありましたが昨日の朝、夫に洗濯を頼み、わたしは「しばかり」へ。
しば・・というのは雑木林の小枝のこと・・・

森林インストラクターのジョーさんに「森の手入れに行こう」と
誘われました。
内心、冬の山なんて行きたくないよ~!!とは思ったのですが
焚き火で焼いた焼き芋は最高だよと言う言葉についふらふらと。
元気埼玉の取材も兼ねて行って来ました。

場所は三芳町の雑木林、このあたりは三富のさつま芋で有名なところ。
「栗より旨い13里半」という江戸時代からの有名なキャッチコピーで
知られている川越芋は、実は川越ではなくこの三富のお芋です。

元禄7年に川越藩主となった柳沢吉保(あの生類憐みの令で悪名
名高い人)がこの地で新田開発に取り組み始めました。結果的には水の
問題から畑となったようですが、畑だけでなく堆肥作りや薪集めのための
農用林も一緒に開発されました。
今もこの地域には当時のまま、武蔵野台地に整然と農地が広がっています。

しかしながら、時代の変化によって農用林としての役目はなくなり
手入れをする人もいなくなりました。
今ではうっそうと木が生い茂りゴミの不法投棄の場所になっていたり、
木がすっかり枯れていたり・・・
そんな雑木林を蘇らそうというボランティア団体が「森づくり集団 栞」です。

さて、当日の朝「寒いよ~」と背中を丸め、ホカホカカイロを2つも貼った
情けない私を待っていたのは、あったかい焚き火。
e0061038_16463582.jpg

煙いけれど、あたたかい。

準備体操と今日の手順の説明の後、ヘルメットとのこぎりを渡され
いざ林の中へ。まず私達でも出来る細い木の切り方。
「木を切り倒す時は、まず水平に直径の半分まで切りこみを入れます。
そして斜めから切り取って受け口を作ります。
どんなに小さな木でも倒れる方角を考えながら切れ込みを入れるように。」
e0061038_18271893.jpg

e0061038_182743100.jpg

実は35年前、私の大切な島根の友人ちかちゃんが森林の手入れの最中、
木の下敷きになって20歳の若さで亡くなったと言う衝撃的な思い出が
あります。
それほど、危険を伴う作業です。

私も何本か切り、その後は短く切りそろえて積んでいきます。
どうこれ、私の作業の一部。ちょっと自慢。
e0061038_19122355.jpg


「お芋が焼けましたよ~!」の合図はお昼ご飯の合図。
まさに黄金色!!!三富地域の川越芋に拍手。
e0061038_1834642.jpg

ホクホクして甘いこと。こんなにおいしい焼き芋は初めて!
焚き火を囲んで昼ごはん。焚き火っていいねえ。
e0061038_18353618.jpg

手先の器用な会員さんがシュロの葉一枚でこんなものを作ってくれました。
木の葉の折り紙?です。お見事!
e0061038_1847205.jpg

さて、午後はいよいよ大きな松の木を皆で倒します。
この木は、松くい虫に食い荒らされて枯れかっかています。
まず木に登りロープを掛けます。これは倒れる方向を決めるため。
e0061038_18384659.jpg

次にチェンソーで切れ込みを入れます。
e0061038_18393031.jpg

そしてみんなで一斉にロープを引きます。
枯れているはずの木が、倒されることを拒否しているような強さ、
20人近い人の力でもグイッと引き戻されます。
e0061038_1843471.jpg


やがて、木は観念したようにボッキリと折れ、雑木林に地響きが起き
回りに木の葉や小枝が飛び散ります。
e0061038_18445536.jpg

ごめんね、倒して・・・でもきっと切り株から新しい芽が生まれるから。

今日の作業が終わり、見上げた空。
e0061038_18483269.jpg

「春になったら、また来てくださいね」と栞の会の方から言われました。
「今日手入れしたこの林に、新しい命がたくさん生まれていますよ。」って。
by genki-saitama | 2010-01-17 19:07
近況報告・今年の夢  2010/1/15
休みながらのブログで失礼しております!!!!

年末年始休みもちょぼちょぼにして、給食バンザイはなまる給食で走り回っております。
今学期から所沢の給食センターが参加してくださいました。
話をしてから、半年かかりましたが教育委員会の女性職員のかたが
一生懸命説得してくださいました。ありがたいことです。

今年はこれを全国展開していくことが私の夢です。
子供たちに「食」の楽しさと「大切さ」を教えていくのは私たち大人の
責任ではないかと思います。
栄養士さんに伺うと、お弁当の日にお弁当箱にあの「おっとっと」や
「きのこの山」を詰めてきた子がいたそうです。
(魚やきのこの形をしたスナック菓子)
ほうれん草の葉の先が枯れてほんのちょっと茶色になっているだけで
「腐っている」と口にしない子。
そして、確実に「食」の種類が狭く偏ってきていると栄養士さんが言います。

私は食の専門家ではありませんが「おせっかいやきなおばあちゃん」の
立場でこの給食に取り組んでいきたいと思っています。
今、二つのサイトともに埼玉県内ですが、海辺の学校の給食、
北海道や九州などからも参加してもらえれば本当にうれしいのですが。

PS
九州に旅行に行った友人が「ミューちゃんだよ」と言ってこんな
お土産をくれました。
ミューにそっくり。
e0061038_1991460.jpg

by genki-saitama | 2010-01-15 19:09
2010年初ブログ  2010/1/7
あけましておめでとうございます。
などと書いたら「とっくにあけてますよ」とヒンシュクをかいそうですが・・・。
とりあえず初日の出の写真。
e0061038_185037.jpg

年末からずっと忙しい日が続いており、毎晩9時まで会社に居残り。
当たり前ながらぽんぽんと毎月1500万円を出してくれる親もなし、
かくなる上は、おばさんひとり髪振り乱して孤軍奮闘。
暮れの大掃除やこのブログが気になりながらも見て見ぬふりでした。
ミューおばさんは大丈夫かとずいぶんメールいただき、ご心配をおかけしました。
 
さてなにはともあれ新しい年がやってきました。
今年は私の干支、寅年です。そう私今年で還暦となります。
私、36年に一度の「ごうの寅」生まれ、この年の生まれの女性は
強情だと言われて育ち、恥ずかしながらずっと「ごうの寅」の意味を
「強の寅」だと思い込んでいました。

ところが調べてみると占いで使われる九星の一つ「五黄」が「ごう」に
なったらしいということ。「五黄」は一般に運気が強いといわれ、
寅も強いことから「ごうの寅」伝説が始まったようです。
まあ、私などほんの子猫程度ですがほっほっほっ。

今年は賑やかなお正月でした。
長男と、結婚したばかりの娘夫婦も揃ってお雑煮を食べることが
できました。
予定がいっぱいで忙しい子どもたちが食べられるように
一人づつの小さな祝い膳。
e0061038_18481165.jpg

(我が家のお雑煮は元旦の朝は、ぶりの塩焼きが入ります。
そして二日目は鴨のお雑煮となります。
これは10年前に亡くなった父が伝えてくれた「我が家の味」です。)

それでは皆様今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
新しい年に暖かな上昇気流が吹きますように。
by genki-saitama | 2010-01-07 18:53




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧