<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
日本産のメープルシロップ、樹液絞りに挑戦
メープルシロップといえば今オリンピックが行われている
カナダが有名ですが、そのシロップのもとはカエデの樹液。
もちろん、日本にもたくさんカエデの木はあります。

日本でも一か所、少量作っているところが山形にあるそうですが
今、埼玉県のある地域でこのメープルシロップ作りに取り組んで
いるところがあります。

(詳しい場所は・・乱獲を防ぐためにまだ内緒。
昔、中国ではメープルシュガーが薬になるというので人々が殺到し
山からすっかりカエデの木が消えてしまったという経由があります。)

山を守るNPOのグループが20年かけて、山のカエデのデーターを
集めてきました。
今60年かけて育ったヒノキ一本の値段が1980円。
山から切り出すのに2000円の費用がかかるのですから、
林業が衰退するのも当然の結果となります。
このカエデから育った樹液がさまざまな形で地域の特産品となれば
再び山は活気を取り戻します。

さて、山は快晴。
e0061038_1851344.jpg

でも対岸の崖には大きなつらら。
e0061038_1873943.jpg

足元の川はこのとおり。
e0061038_1855834.jpg

川沿いにしばらく歩くと目当てのカエデの木が。
e0061038_1881258.jpg

NPOの方からカエデの説明を受けました。
e0061038_1812048.jpgカエデの木はもちろん日本中にありますが、おいしい樹液が出るのは
さまざまな気候条件をクリアしたところ。でもまだ詳しいメカニズムは
わかっていないのが自然の不思議です。
春先、樹の活動が始まるころ樹液がとれる時期、このころが一番おいしいそうです。
「こうやって樹に穴をあけるんですよ」との説明。
e0061038_18113455.jpg

これは設置して2週間のタンクです。
e0061038_1813754.jpg

コップに入れてもらうと、透明な樹液。
口に入れると樹の香りとかすかな甘み。
e0061038_18142627.jpg

少し温めると、甘みが増してきます。
e0061038_18151665.jpg

まさに樹の命を分けてもらった思い。
人は自然の中で生かされているのだという謙虚な思いがわいてきます。
まだまだ、このプロジェクトは始まったばかり、これから育っていく
子どもたちのためにも、美しい山、元気な樹木をたくさん残して
行きたいと思います。

さて寒かった山から下りて待っていたのは樹液を使ったおいしい料理。
e0061038_18212384.jpg

いろいろおいしい料理でしたが一番おいしかったのは
樹液を入れて焼いたパンと紅茶。
e0061038_18223131.jpg

e0061038_18224960.jpg


まず「給食バンザイ」や「はなまる給食」に参加した子どもたちに
この体験をさせてあげたいと考えています。
樹液を煮詰めてメイプルシロップを作った後は
みんなで焼いたパンケーキにトロリ・・・
おいしくて楽しい体験教室になりそうです。
(おばさんの夢は甘い香りに乗って広がります。がんばらなくっちゃ!)
by genki-saitama | 2010-02-27 18:25
雪の朝 2010/2/20
昨年は一度も雪景色の写真がないのですが
今年は埼玉もうっすらと雪化粧する日があります。
先日の雪の日の朝、
e0061038_14222788.jpg

e0061038_14224825.jpg

いつもなら写真右手には、新宿や池袋の高層ビルが見えるのですが。
e0061038_14231176.jpg

e0061038_14234187.jpg
家で仕事をしているとバニラが膝の上にジャンプ。
人の肌のぬくもりって気持いいんでしょうねえ。
最近は飼い主に似てちょっとメタボになりました。

明日は、秩父の山の中にカエデの樹液を絞りに行ってきます。
今冬季オリンピックのカナダの選手がユニフォームにつけているカエデの模様。
秩父にもたくさんのカエデがあるのですよ。
秩父育ちのメープルシロップの写真を写してきますので
お楽しみに!
by genki-saitama | 2010-02-20 14:26
これが離乳食???2010/2/13
先日「変なお弁当」という話を書きました。
今日は「変な離乳食」という話。

幼児の育児相談員さんから聞いた話です。
彼女は家庭訪問をしながら育児の相談を受けたり
指導をする仕事をしていました。

その日は、ようやく最近立ち上がり始めたくらいの赤ちゃんの
若いお母さん。
なかなかに育児熱心なお母さんで話が長引き
赤ちゃんの離乳食の時間になりました。
「5分ほど待っていただけますか」と台所に立ったお母さん。
相談員さんは、作り置きの離乳食を電子レンジで温めているのだろうと
思い、赤ちゃんの相手をしていたそうです。

「さあ、出来たよ。」とお母さんがテーブルに置いたのは
e0061038_21175331.jpg

「大人は3分だけれど、離乳食には5分がいいんですよ。
麺が柔らかくなってちょうどいいんです。」

嬉しそうに食べている赤ちゃんの姿を見て
相談員さん、言葉を失って体から力が抜けたって。

今からこんなに塩気の強いものを食べさせて
この子は大人になる頃には、きっと食べ物の味を感じなくなるでしょう。
何より、この子が健康に育つのかが心配で・・という相談員さん。

これはきっと極端な例じゃないかという私に
「徐々にこんな家庭が増えているのよ。生活が苦しくなると
もっと増えてくると思う」という深刻な返事。

「粗食のすすめ」という本を書かれた幕内秀夫さんが「変な給食」という
本を書かれて話題になっています。
今日その本を買って来ました。

この本を読むと、学校からもらってくる献立表ではなく画像で
見たいというお母さんの言葉がよくわかります。
でも、少ない予算、限られた時間、好き嫌いの多い子供たちの中で
学校栄養士さんも悩んでいます。
赤ちゃんのうちから、こんな離乳食を食べさせているお母さんも
いるのですから・・。

「食育」という言葉が盛んに使われていますが、
家庭と学校だけでなく、大人社会全体で「食べる」と言うことを
考えていかなければと思う毎日です。
私達がやっている「はなまる給食」がその小さな光になればいいのですが。
by genki-saitama | 2010-02-13 21:10
インビクタス/負けざる者たち 2010/2/8
昨日は久しぶりに長男が帰ってきました。
北海道で獣医をしていた長男が3年間の期限付きで
また大学で学び始めて2年、
時々「旨いもん、食わして~。」と突然帰ってきます。
そのたびに「この本おもしろいぞ」と、どっさり本を持ってきてくれます。

そして、今回は公開されたばかりの映画「インビクタス/負けざる者たち」を
見に行こうということになりました。
反アパルトヘイト運動で27年間刑務所に投獄されたのち、
南アフリカ共和国の大統領になったネルソン・マンデラが
ラグビーを通じて人種の壁を越えていくという実話に基づいた映画です。

監督はクリント・イーストウッド、俳優の頃は無理やり陰を作った
二枚目の役が多かったような気もするのですが、今や名監督。

1994年、初めて黒人大統領が選ばれて、長い間力で押さえつけられた
黒人の鬱積した憎しみと、全てを失うかもしれない白人の不安がぶつかり
合う中、
マンデラ大統領が「南アフリカ共和国」というひとつの国を作っていくために
憎しみを超えようと訴えます。

今も世界中で、宗教観や民族の違いから多くの人が犠牲になっています。
皆がマンデラ大統領のように思えたら・・・。

派手なアクションも、曲がりくねった推理もない
ただひたすらまっすぐな映画です。
インビクタスというのはどうやらラテン語で「不屈の」という意味。
27年間、狭い牢獄に閉じ込められても、
看守の暴力に痛めつけられる日々であっても
「私はあらゆる神に感謝する。私が我が運命の支配者
我が魂の指揮官」

最後に、国家を歌うシーンでは自分の体の中になんだか分からない
熱いものがこみ上げてきて、しまいには私まで椅子から
立ち上がりそうな気がして・・。

マンデラ大統領と友情を交わした白人のラグビー選手がいった言葉
「国を変えてくれるあなた(大統領)を私(国民)は信じる」
これはオバマさんに向けたアメリカ国民の期待であるようにも聞こえます。

でも、私、この国のあの人たちにこの言葉を伝えたいです。
「変わる・変わる」と言いつつ、実は全く変わっていない金権体質の
この国のトップの人たちに・・・。
by genki-saitama | 2010-02-09 00:11




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧