<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
被災地の子どもたちにTシャツ贈ろうよ。(5)
なんと埼玉の熊谷では先日40度近い暑さ。
と思えば今日は昼から激しい雨、日傘と雨傘の両方が必要な一日でした。

本日届いたのはピンクの甚平さん。
e0061038_2317468.jpg

「Tシャツを買いにわざわざ浅草まで買いに行ったら、
あまりにも暑かったので思わず、これを買っちゃいました。
これってルール違反?」と言いながら持ち込まれた甚平さん。
彼女には孫はいません。
でも、孫が出来たツモリでと選んでくれました。

今日は嬉しいことがありました。
中国の日本大使館から「はなまる給食」の画像をもらえないか
というメール。
日本紹介のブログの中で使いたいとのこと、
実は日本の給食は栄養バランス、衛生面で世界トップクラスの
内容なのです。

はなまる給食が海外でも見られているということ、
Tシャツ運動がどんどんつながっていくこと、
インターネットの無限のつながりを改めて思うこのごろです。
by genki-saitama | 2011-06-30 23:33
被災地の子どもたちにTシャツを送ろうよ(5)
本日はまた続々とTシャツが送られてきました。
元気日本SNSの仲間の雪うさぎさんからは女の子のTシャツ。
女の子のお孫さんがいらっしゃるので、一緒に選んでくださったのかな?
e0061038_19149100.jpg

e0061038_19143443.jpg


アメリカ在住のAkzyさんから繋がってshizuoさんからも
送られてきました。奥様が選んでくださったとか。
e0061038_19174713.jpg

e0061038_19181775.jpg


みんな、自分の孫に着せるつもりで選んでくださっています。
そして優しい手紙が一枚ずつ、つけられています。

孫を抱きしめる思いで、被災地の子どもたちを抱きしめたい。
皆様が送ってくださったTシャツが、子どもたちを包み込みます。
by genki-saitama | 2011-06-27 19:18
被災地の子どもたちにTシャツ贈ろうよ。(4)
またまた、Tシャツ仲間が増えました。
男と子と女の子のお孫さんがいる(私よりずっと若い)おばあちゃん。
以前同じ会社にいた同僚です。
e0061038_164724.jpg
e0061038_1624029.jpg

仕事の合間に、みんなに頼むものですから
目標数はまだまだはるかかなたです。
でも、とりあえず7月の最初には第一弾を送るつもりです。

今、心痛むこと。
私は「はなまる給食」という給食情報公開のサイトを運営して
おり、そこには毎日おいしそうな学校給食の画像が掲載され
ています。
でも、被災地では学校給食が完全な形では復活
していません。
給食再開といっても名ばかりで、中学生でも「パンと牛乳」の
ような簡単なものです。

給食センターが復旧するにはまだ1年はかかるとか。
もちろん不足分は家庭からおかずを持参していいという
学校もあるようです。
でも避難所生活の家庭がある地域では食事格差が
起きないようおかず持参が許可されていない地域も
あります。
震災以来、5㎏も痩せた子どもたちがいるという
ニュースを聞くたび辛くなります。

お腹をすかせたままで、授業を受ける被災地の子どもたち。
住んでいる場所や環境によって、幸せ、不幸せがおきるなんて
決してあってはならないことだと思います。
Tシャツを送ってくれた、彼女の手紙にあった言葉、
「明日はわが身かもしれない」
by genki-saitama | 2011-06-26 16:19
被災地の子どもたちにTシャツを贈ろう!(4)
九州の福岡と、福井からTシャツが届きました。
福岡のtotoさん、ありがとう。
かわいい鯨がいっぱい泳いでいます。
e0061038_13514148.jpg

鯨のように大きく元気に育ってねという手紙がついていました。

これは、福井のハッピーママさんからのTシャツです。
ありがとう。
「ブラジルのTシャツです」と書いてありました。
これを着るとサッカーがうまくなる??
e0061038_13483262.jpg


今月から、えふえむ浦和で「はなまる給食便り」というコーナーを
もたせていただいています。

月に一回、日曜日の12時から10分、給食について
語るというものできゃぴきゃぴのお姉さんに交じっての
レギュラートーク。
年をとるとは悲しいもので、呂律が回らないというか、
言葉の切れが悪いというか、声につやがないというか・・。

まずは、朝、声を出しながら新聞を読む
トレーニングをしております。

本日は埼玉35℃、熊谷は38℃の予想。
まだ6月の24日だというのにこの暑さ。
節電中の社内は、座っているだけで汗、汗、汗。
みなさん、くれぐれもお体にお気をつけください。
by genki-saitama | 2011-06-24 13:51
被災地の子どもたちにTシャツ贈ろうよ。(3)
またまた、新しいTシャツが届きました。
元気埼玉のSNS仲間からのプレゼント。
彼女は今、ご自身が大変辛い立場にある方なのですが
その合間をぬって、シャツを買いに行ってくださったのだと
思うと、ただただ感謝です。
e0061038_224069.jpg

e0061038_22403595.jpg

手作りのかわいい、ビーズのストラップが全員分添えてありました。

あの日、大津波がまるで生き物のようにずんずんと大地の
全てを飲み込んでいくのを見て、意気地なしの私は
すっかり落ち込んでしまいました。

でも、次々に「Tシャツの輪」が広がって、思わぬところからも
「お手伝いします」という声が掛かるようになりました。
みんな、失礼ながら私と同じ「ババ世代」
なんと頼もしい女性たちです。
みんなありがとう!!
by genki-saitama | 2011-06-22 22:52
被災地の子どもたちにTシャツを送ろう。(2)
今日届いたTシャツ。遠いアメリカから届きました。
子どもたちの大好きなミッキ-マウスです。
e0061038_22364145.jpg

Azkyさん、ありがとう!!今度日本へ帰られたらご連絡ください。

次は、元気埼玉のSNS仲間のみー子さん。
お孫さんがかわいい手紙を添えてくれました。
e0061038_22403288.jpg

e0061038_22405712.jpg
e0061038_22411557.jpg


1枚、1枚に込められたみなさんの思い。
必ず子どもたちに届けます。

今日、飯館村から村民の姿が消えました。
この村では、今後数十年間は酪農ができないと言われています。
テレビで見る、この村は緑の豊かな静かな村です。
飯館村のホームページに載っていた「教育ビジョン」です。

「私たちは、学校や行政だけに頼る事なく、家庭、地域が手を携え、「育て」「共に育ち」
合いながら、村の財産となる人づくりを進めます。
   村で育った子どもたちが、また、生涯学習や子どもたちの教育(共育)を通じて親や地域
の人たちが飯舘村に愛着を持ち、「住み続けたい」あるいは「戻ってきたい」と思える村を目ざします。

村の人たちのことを思うと、たまらなく悲しく、たまらなく悔しい。
by genki-saitama | 2011-06-21 22:59
被災地の子どもたちのTシャツをありがとうございました。
「被災地の子どもにTシャツを送ろう!」という呼びかけに応じて
1枚、また1枚と集まり始めました。

朝一番に届いたのは北海道から。
あれれ?どうして?なんて思ったら、アメリカ在住のブログ友達の
そのまたフェイスブック友達。
まだ会ったこともない人たち同志がどんどん繋がっていく。
e0061038_171151.jpg

本当にうれしいことです。
本日仙台は30℃、急がなくては!!!!

今月から、FM浦和で「はなまる給食」のコーナーができ
月に一回、レギュラーとして出演しております。
日曜日12時から、10分だけの番組ですが、子どもたちの「食」のこと、
今回の大震災のこと、このTシャツ運動のことも話していきたいと
思います。

さて、昨日は父の日。娘夫婦が新宿の北京ダックの店に招待してくれました。
e0061038_178815.jpg

夫はよほどうれしかったのでしょう。娘にもらった「大好きなお父さんへ」と
書かれたカードを机に入れずに、食卓の自分の席のそばの壁に貼りました。

これ、娘が「Tシャツを送ろう」運動にと持ってきてくれたTシャツです。
e0061038_17122890.jpg
これから1年後?2年後?に生まれてくる赤ちゃんのために
今から買いそろえている洋服の中の1枚です。
(男の子か女の子か、全く分かってもいないのに気の早い娘です。)

追伸:これから生まれてくる私の孫へ
ごめんね。折角ママがあなたに用意したかわいい
洋服を、おばあちゃんがもらってしまいました。
でもね、きっとこの洋服が東日本の子どもたちに
あなたのママの笑顔を伝えてくれると思います。
by genki-saitama | 2011-06-20 17:15
被災地の子どもたちに1000枚のTシャツを送ろう!
あの震災の日以来、ずっと私がができることを考え続けていました。
義捐金に加えてなにかできることをと考えたのですが、
ボランティアに行くには少々体力に自信がなく、
救援物資は個人では受け付けてくれるところも少なく
なにをすればいいのだろう・・と。

でも、先日、真新しい運動靴をプレゼントされた被災地の
子どもがすごくうれしそうな顔をしていました。
ちょっとしたおしゃれが、子どもたちに笑顔を生みます。
そこで、私たちシニア世代にできること・・
自分の孫に送るつもりで、かわいいTシャツを贈ろうという
活動です。(まだ私には孫はおりませんが・・・)

賛同してくださる方々は手をあげてください。
そしてできる限り多くの方々にお声をかけてください。
時期的には少々遅いのですが、できる限り皆様の力を
お借りしたいと思います。
休んでばかりのこのブログ、どれだけの人が見てくださっているか
少々、不安ですがどうぞよろしくお願いいたします。

チラシは以下のとおりです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0061038_19142587.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by genki-saitama | 2011-06-11 14:35




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧