東北地方太平洋沖地震 2011/3/12
みなさーん、大丈夫ですか?
お怪我はありませんか?
先ほど朝8時に、避難所の小学校から帰ってきました。

地震直後から襲ってくる大津波の映像にただただ
「コレが夢であってくれ」と思うばかりです。
流れていく家、車・・まさかあの中に人がいるのではと
思うと涙がとまりません。

昨日、ちょうど会議で武蔵浦和というところにおりました。
激しく揺れ始めたので、全員外へ。
駐車場で待機していたのですが、駐車中の大きな四駆が
おもちゃのようにピョンピヨン跳ねながら、こちらへ
近づいてくるのに驚きました。
「ここは危ない!電柱が倒れるぞ」の声で、別の場所へ。
ところが、道路がゼリーのようにくねくねと盛り上がり
立っていられず、思わずしゃがみこんでしまいました。

その間にも、携帯端末を通じて津波の映像が・・・
まるで映画のシーンのように映し出される映像。
みんなが思わず口にした言葉。「嘘でしょ!」

そのうち、娘からは「おかあさん、池袋の古い雑居ビルの
エレベーターに閉じ込められた・・怖い!」のメール。
「場所はどこ?」とメールを送れども返事はなし。
火災でも起きたのではないかと心配で、心配で・・・

歩いてとにかく池袋に向かおうとしたら、警察の人に止められ
「もうすぐ日が落ちるので歩き回らないでください。」といわれて。

この日はもう電車は動かないと放送があり、駅ビルの
コンコースにあるスペースでに座りながら娘の連絡を待つ
ことにしました。
でも、こんな時人は助け合えるものですね。
見ず知らずの若者が、自分のパソコンを取り出して状況を見せて
くれたり、飲み物を買ってきてくれたり。
「ちょうど自分のお母さんくらいの人だったから・・」と泣かせることを
言ってくれました。

結局、近くの小学校に避難することになり、茨城県から出張中の
おじさんと一緒に行くことになりました。
別所小学校の2年5組の教室に案内され、やっと一息。
建設作業員のたくましいおにいちゃんが、リュックの中から
携帯電話の充電器を出し、「皆さん使ってください。」

ゴルフ帰りのおじさんは、熱いお茶や毛布を取りに行ってくれ、
花粉症だというおじさんは、喉が乾燥するからと鞄の中から
マスクを配り・・・。
全く知らない人同士が、助け合った一晩でした。

その内夫からも「無事だけれど、今夜は会社に泊まる」の電話。
そして、娘からようやくメール。
「エレベーターに乗ったとたん地震がきて動かなくなった。
2回目の余震で6階からエレベーターが落ち始めた。
一瞬、もうだめだと思ったら、エレベーターが斜めになって
壁にぶっつかって4階付近で止まった。そこから必死でよじ登って
自力で脱出した。2時間もかかったよ」
という心臓が止まるような内容。
床に叩きつけられて、体中痣だらけ、傷だらけだそうですが
エレベーターにいたほかの女性の手当てをした後
2時間歩いて自宅へ帰ったそうです。ほっとしてまたまた涙。

寒い寒い避難所の一晩、生まれて初めての経験。
被災地の寒い夜、あの濁流の中にいる方たちのことを思うと
一睡も出来ず、過ごした夜となりました。

やっとたどり着いた我が家で、テレビのニュースに釘付けになりながら
500年に一度というの自然災害の大きさにおののいております。
一刻も早い救助の手をと、心から祈っております。
# by genki-saitama | 2011-03-12 10:39
千葉県匝瑳市の給食 2011/3/9
e0061038_17572623.jpg

「ハムライス パオズ 白菜のスープ ごぼうサラダ 桃ゼリー」
千葉県匝瑳市の八日市場の給食センターで作られた
市内幼稚園と小学校の給食です。
彩りのかわいい給食、子どもたちの笑顔が想像できます。

匝瑳市は九十九里の海あり、温暖な気候で育った野菜あり、牧場ありの
恵まれ地産地消に恵まれた場所、
給食の食材にも、地元のものが多くつかわれています。

幼稚園はお弁当持参のところも多いのですが、なにしろ忙しいお母さんたち。
毎日のお弁当はお母さん方の悩みのようです。
都内には、なんと1か月5万円でかわいいキャラ弁を各家庭に
届けてくれるサービスもあるそうです。
ある幼稚園の園長さんに聞いたところ、幼稚園の説明会で一番先に
出る質問は「給食はありますか?」だそうです。

お弁当業者のお弁当を給食代わりにしているところもあるそうですが
内容をみると、大人のお弁当のミニ版というものがあり
考えさせられます。

30年前は、早起きをして必死で作ったお弁当ですが、今は自分の
ために作るお弁当。これが本日私のお弁当です。
e0061038_18224720.jpg

# by genki-saitama | 2011-03-09 18:23
これも給食、豪華押しずし   2011/3/7
さいたま市では、今「地元シェフによる地元野菜を使った給食」を
市内の学校で順番に実施しています。
シェフはさいたま市内の、レストランシェフの三浦香代子さん。
彼女は、もともとは幼児教育に長くかかわっていたのですが、
次第に好きだった「食」の世界へ。
なんと60歳を過ぎてヘルシーカフェ「のら」というお店を開店しました。
「食べるは生きるの一大事」これが、三浦さんのモットーです。

先日創立20周年を迎えた学校がありました。
そこで考えた三浦さんのお祝いの押し寿司の一皿がこれ。
e0061038_1859583.jpg

なんと、豪華な!!!
脱脂粉乳給食で育った私には信じられない給食です。

地元産の小松菜と干しずいきを使った押し寿司に人参のラペ。
恥ずかしながら、私は今まで干しずいきを食べたことが
なく、今回が初めての味。
子どもにも食べやすいように、オリーブオイルで軽く炒めてから
味つけがしてあり、シャキシャキ感が残っていました。
レシピはここへ。

問題は人参だけのサラダ、これはきっと残すに違いないと
思っていたのですが、なんと子どもたちは完食。
子どもたちは、色どりの鮮やかさにつられて食べてしまったようです。

「シェフのレストランはどこ?」とスタッフの控室を訪ねてきた子どもがいました。
「お父さん、仕事が忙しくて疲れてるの。だからシェフのところの
ご飯を食べさせて元気にしてあげたいの」
「食」は子どもとお父さんの間をしっかりつないでいます。
# by genki-saitama | 2011-03-07 19:14
フラフープ何回まわせる?2011/3/6
昔懐かしいフラフープが最近復活の話題。
小学校の頃、父親にねだって買ってもらった黄色いプラスティックのフラフープ。
「まわしすぎると腸がねじれる?」などという批判が起きて
いつのまにか遊ばなくなったあの遊び。

どうやらこれがダイエットに効くと、話題になっているらしい。
娘が早速挑戦して効果があったそうで、私にも買ってきてくれた。
「こんなもん・・母さんなんか1000回でも大丈夫だよ。」
と自慢げにまわし始めたのだけれど、2,3回も回ると無残に
床へ ストン。
昔のフラフープと違って、もう少し重くてやわらかい素材で出来ていので
どうやら、コツがいるらしい。

そのうち飽きて、バニラに輪くぐりの訓練用に。
「飛べバニラ!飛ぶんだバニラ!」
e0061038_17312642.jpg

くびれのあるウエストは、はるかなる夢。
# by genki-saitama | 2011-03-06 17:32
給食にぶりの照り焼き  2011/3/4
学校給食といえども、大人が食べてもうれしい献立があります。
e0061038_18542694.jpg

「山菜のおこわ ぶりの照り焼き 肉じゃが 小松菜のおひたし」所沢第一給食センターの今日の給食です。

栄養士さんが書いた今日のコメント
「肉じゃがの名前の由来は、様々な説がありますが、海軍将校だった
東郷平八郎という人が、イギリス留学中に食べたビーフシチューの
味が忘れられなくて、帰国後、作らせたという説があります。」
なるほどねえ・・・。ひとつ勉強。

それにしても我が家の夕食よりよほど立派な給食です。
二人分の食事作りでさえ、面倒に思えるのに、こんな給食を何千食も作る、
給食室の皆さんはすごい。

さて、本日は青空のきれいな一日でした。会議の間に窓から見た富士山。
e0061038_1904674.jpg

私の苦手な花粉がぴゅん・ぴゅん飛ぶ一日でした。
# by genki-saitama | 2011-03-04 19:01
本日の給食はひな祭り献立  2011/3/3
娘もお嫁さんに行ってしまいましたし、我が家ではここ何年もお雛様を
飾っていません。夫婦二人ではお雛様を祝うこともないわびしい
食卓です。そのうち、かわいい孫でもできれば、おばあちゃんは
頑張ってひな寿司を作るのですが・・・

本日の給食紹介は、所沢市の牛沼小学校。
e0061038_16482859.jpg

「春の旬ちらしずし・桜のおすいもの・サケの塩焼き・菜の花のあえもの・苺・牛乳」
これは6年生が家庭科の授業で考えた給食献立「春のめでたいランチ」です。

しかも、ちらしずしの上にかかっている「桜でんぶ」は、6年生の子どもたちの
要望で、給食室で手作りしたものです。
昨日栄養士さんから「明日の桜でんぶは手作りするんですよ~!!」と
元気な電話がかかってきました。
「タラを茹でて、身をほぐして・・・焦げないように注意しなくっちゃ」と
心配していましたが、上手にできていますねえ!!
子どもたちは甘い桜でんぶがいっぱいのお寿司が食べたかったそうです。
自由に栄養士さんにリクエストする子どもたちと、一生懸命それに
応える若い栄養士さんたち。
これからこの子どもたちが卒業しても、きっとこの桜でんぶのことは忘れないでしょうね。

ところで今日は冬へ逆戻り。
北海道の写真家、伊東さんからこんな便りが送られてきました。
e0061038_1731347.jpg

詳しくは伊東さんのブログへ。
まだもう少し冬です。
# by genki-saitama | 2011-03-03 17:05
ついに登場!給食にふかひれスープ 2011/3/2
今の学校給食は地産地消を大切にしています。
野菜はもちろんのこと、越前では茹でたカニが一人に一杯だされたとか
気仙沼で給食にフカヒレが出たという話を聞いたことがあります。
もちろん、地元の人たちの協力があってこそのこと、
このはなまる給食でも、昨年は千葉県の匝瑳市では
地元の畜産農家の協力でビーフステーキが出されたことがありました。

そしてついに本日、銚子市の給食でフカヒレのはいった中華スープが登場しました。
e0061038_2210182.jpg

幼稚園と小学校の給食です。

私たちの頃の脱脂粉乳と食パンの給食とは大違い、
うらやましい限りです。

さて、これが本日の私のランチ。すっかりお弁当派になった私です。
e0061038_22234266.jpg

ダイエット効果の有るという茸のてんこ盛り。
ついでに昨日のお弁当。
e0061038_22251939.jpg

安くなったキャベツの酢の物てんこ盛り。
# by genki-saitama | 2011-03-02 22:26
あこがれのアマンド・・2011/3/1
先日、娘と六本木で待ち合わせ。
そうだ・・早めについてアマンドへ入ってみよう。

六本木交差点のアマンドは、40年前の田舎育ちの私にとっては
テレビや写真で見るだけのまぶしい存在。
結婚して上京後、夫と何回かその前で待ち合わせしても、
なんとなく気後れして、結局は一度も入ることがなかった喫茶店です。
e0061038_10464691.jpg

ゆっくりとコーヒーを飲みながら店内から眺める人の流れ。
なんと40年ぶりにかなえた小さな夢でした。
私もすでに60代、うーん・・40年かかってようやく飲み終えた一杯でした。
# by genki-saitama | 2011-03-01 10:44
ホワイトバレンタインデー 
昨日は埼玉で初めての本格的積雪・・と言ってもわずか2~3㎝。
e0061038_17495071.jpg

我が家の前の空き地はこのとおり。
こんなわずかな雪にすってんころりんと転びながら、
今年の雪国の豪雪の大変さを感じた次第です。

さて、バレンタインデー。
娘から夫にこんなプレゼントが届きました。
抹茶の生チョコ、夫より私の好物です。
e0061038_17544785.jpg

e0061038_1755917.jpg


「ところで君のチョコレートは?」と問う夫に差し出したのはこれ。
e0061038_17561785.jpg

夫「・・・・・・・・・」
よーく見て御覧・・・ウハウハウハ・・・秋刀魚の形のチョコレートでした。
これが我が家の愛の形です。
# by genki-saitama | 2011-02-15 17:58
相撲が消えていく・・・  2011/2/7
日本の国技??相撲に史上最大の危機。
今朝パソコンのフォルダーを整理していたら、1年前の2月5日に元気埼玉の
「今日の一言」に「朝青龍の突然の引退」について書いた私の記事を見つけました。
あれから1年、今度はもっと重大な危機に。

江戸時代の相撲興行は京都、大阪から始まりまったそうですが、
たびたびトラブルが起き、しばしば禁止令がでていたそうです。
地元の権力者と結びついた「興業」として始まった相撲も
やがて国技と言われるほどに心技体ともに磨かれてきたはずなのですが。

子どもの頃の夕方の思い出。
夕ご飯の匂いが流れてくる居間で小さなちゃぶ台で宿題を広げながら
見る大相撲のテレビ中継。
ひいきの力士が土俵に上がるたび、エプロンで手を拭きながら
母もテレビの前に顔を出します。
親子して大声で応援した、大鵬、柏戸、佐田の山、若乃花、数々の名勝負。
それらの勝負は絶対に本物の勝負であったと信じたいと思うのですが・・・。

さて、今年1月の8日の初場所前に行った「土俵祀り」の写真があったので
遅ればせながらアップしておきます。
次はいつ見られるかわからない貴重な写真となるかも知れません。
e0061038_18931.jpg

e0061038_1882127.jpg

e0061038_189533.jpg

e0061038_18104893.jpg

e0061038_18111695.jpg

昨年の土俵祀りはお相撲さんの姿はほとんどなかったのですが
不祥事を払しょくして、新たな気持ちでということだったのでしょうか。
白鵬、把瑠都、琴欧州がずらりと並んでいました。

一生懸命けいこを積んできた力士にとっては本当に辛いことだろうと
思います。一日も早く真相解明が済んでほしいものです。
# by genki-saitama | 2011-02-07 18:25




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧