元気埼玉取材日記
今日は埼玉35度の暑さです。
「アッチイ!アッチイ!」と悲鳴を上げながら上福岡に取材に出かけました。

今日、伺った場所は「子供から高齢者まで暮らす町」というキャッチ
フレーズで新しく出来た県営住宅やマンションの中に作られた
介護付有料老人ホームです。

いつも、お年寄りの介護施設に行って思うのですが町中から離れた場所の
山の中とか海の側とか、静かなところが多いですよね。
確かに、環境は良いのでしょうが・・・淋しい!
私の友達は、老後に住む場所は絶対、ネオンが見える場所だと言い張ります。
「ワイワイガヤガヤ」町の雑踏の音がなければ人生楽しくないというのがその
理由で、「人生死んだように生きたくない」そうです。

今日、取材させていただくのは新しく出来たシニアラハウスの、40代の広報
の女性です。
彼女自身、おばあ様のために当時勤めていた会社をやめて介護した経験を
もっているそうで、その経験が今の仕事につくきっかけになったとか。
実にパワフルで心強い女性です。
「あの時もっといろいろな情報があれば、もっと選択肢があれば。思い出すと
悔しくて」と大変だった当時のことを語って下さいました。
その、想いがシニアの方々の生活をサポートする熱い原動力になっている
ようです。

赤ちゃんから、お年寄りまで一緒に生活を楽しむ街づくり・・・
団塊の世代の私たちがこれから何をしていけるかを考える町でもありますね。
e0061038_17411290.jpg
帰り道、道路わきにとってもかわいいお地蔵様が
立っていました。
「六道の辻の地蔵尊」 朝、替えられたばかりの
お供えの花がこの町の
人のやさしさを語ってくれているようでした。
# by genki-saitama | 2005-09-08 17:56
台風一過
e0061038_2255568.jpg
昨夜は風の音で何回も目が覚めました。
明け方5時、余りにも朝焼けの色が鮮やかだったので
思わず、デジカメを取り出しました。

子供の頃、台風一過をずっと台風一家だと思っていました。
随分と乱暴な一家のことを言うんだろうと・・・
(私、ずいぶんとピンボケな子だったんだ。今もそうだけれど)

それにしても、九州をはじめ被害に合われた方を
思うと胸が痛くなります。それも、ほとんどがお年寄りばかり。

故郷の山口の錦帯橋、半世紀ぶりに架け替えられたと言うのに
橋脚が流されてしまいました。
素晴らしい5個のアーチ型の橋なのです。
けれど真ん中のアーチになった部分が流されなかったのは
さすが、先人の知恵!と故郷を誇りたくなります。

先日、震災時の帰宅支援マップを買ってきました。
けれど、はたと気づきました。
東京都から埼玉に帰る間に川が流れているのです。
橋が落ちたら帰れない。うーん!私、帰宅難民。
# by genki-saitama | 2005-09-07 23:06
三本足のももた
e0061038_20342798.jpg
ももたは「元気埼玉」の地域特派員犬に任命されています。
特派員名は「三本足のももた」

この写真からはわかりませんが、1年前に交通事故にあって
後ろ足が1本ないのです。
でも元気に、「お母さん」の農作業や散歩について行きます。
私が、たまに行くと「遊んで!遊んで!」と催促します。

ももたが手伝った?ブドウ畑の収穫風景の写真が送られて
来ました。あんまり、かわいいので「元気埼玉」の記事に
載せる前にブログで一足先に公開。
つづきは、来週の火曜日に「元気埼玉」で。
(今までの記事は元気埼玉の特派員コーナーをクリックして
見てください)

今日は台風の風がビューッビューッ吹いています。
少々怖いので早めに、本日の仕事はこれにて終了。
傘を差して、風に向かいながら必死で歩いていると、なんだか
私の人生みたい・・・

人生お楽しみはこれからさ!
# by genki-saitama | 2005-09-06 20:40
取材は楽しい!
「元気埼玉」の取材であちこち出かけます。
今年の夏は長瀞に何回か行きました。
天然記念物に指定されている岩畳の下を
荒川がゆったりと流れて行きます。

秩父鉄道の、長瀞駅で降りるのですが
これからの季節は涼しい川風に吹かれながら
岩畳の上を上長瀞まで歩くコースがお勧めです。

荒川の急流を利用して川下りやラフティング、カヌーなどの
水遊びを楽しむことができます。
岩の上からラフティングの写真を撮っていたのですが
ゴムボートが大きく揺れたとたん、バラバラと人が水中に
落ちてしまいました
e0061038_2121232.jpg

救命具をつけていたのですが、突然のことにキャーキャーと、
大騒ぎ。楽しそうな写真がとれました。
川から上がってきた女の子が一言、「パンツ持ってくるの忘れた。」

インストラクターの人が私も誘ってくれました。
「お年の方でも大丈夫ですよ。」
もちろん、私もパンツ持っていないので断りました。

紅葉が鮮やかになる頃、また写真を撮りに行きます。
元気埼玉のURLが大きく入ったTシャツを着ていますので
見かけたら「まっちゃん!」と声をかけてください。
コーヒーくらいご馳走します。多分・・・

台風が近づいています。明日はくれぐれも気をつけて!
# by genki-saitama | 2005-09-05 21:32
今日は日曜日。
今日は日曜日だと言うのに、6時30分に起床。
ダックスフンド連れて散歩。
我が家のダックスフンドは栄養状態が良すぎて、ミニチュアに
なり損ねてしまった。
だから、散歩もゆっくりゆっくり。(いいダイエット法ありませんか
ねえ。)
のんびり歩くと、いつも駆け抜けて行く駅まで5分の道にこんな
花が咲いていました。
ところが、ちっともこの花の名前が思い出せない・・・
(だれか、教えて下さい)

昼から、あるシニアの会をNPO法人にする勉強会に出席。
NPO法人のほとんどが、まだボランティアの善意の上で
成り立っていると言う現実。
何人かの人から、「これ以上のボランティアは御免だ。もう疲れた。」
と言う意見が出る。確かに、現在のボランティアとしての考え方では
体力的にも経済的にも個人の負担が大きすぎる。

だからこそ、これから地域に戻っていく団塊の世代の人達が積極的に
取り組めば新しい形のビジネスとしてのサービスが広がっていくはず。
第2の人生の取り組み方として、NPOビジネスについて「元気埼玉」
でも取り上げて行きたいと思う。
e0061038_033495.jpg
参考になりそうな本を見つけた。「NPOビジネスで起業する」
田中尚輝著
学陽書房

台風が近づいている。明日は気をつけて!
# by genki-saitama | 2005-09-05 00:13
団塊の世代からエクスピアリアンスへ
昨夜のテレビのニュース特集のなかで堺屋太一さんが団塊の世代と言う
呼び方をエクスピアリアンス(経験者)に変えようと提案していた。
今までギューッと大勢で固まって生きてきたけれど、これからは人生で
初めて自分らしく生きていく黄金の時代だとも語っていた。

団塊の世代のことを「最後の逃げ切り世代」だと言う人もいる。
たしかに、年金のことだけでみれば若い人たちにとって私達の世代は
「負担の世代」「お荷物の世代」とうつるかもしれない。

でもそれは60歳の定年で悠々自適の生活が待っているという
年金神話をみんなで信じていた頃の話。(そういえばずっと昔、職場で
年配の人に言われたなあ。今がんばればきっと将来楽な生活が出来る
からねって、アリとキリギリスの話をよく聞かされた)

いよいよ私たちもあと2,3年で定年の時期。でも、これからがほんとの勝負。
どんな花咲かせましょうか。
まだまだ団塊の世代は頭脳明晰(時々、物忘れはするけれど・・。)
体も丈夫(時々、腰が痛むけれど・・・。)なにより、たくさんの経験がある。

「元気埼玉」の主張は生涯現役
今日は土曜日、埼玉は真夏のような暑さです。楽しい休日を!
# by genki-saitama | 2005-09-03 14:15
会社を辞める日。
「元気埼玉」のサイト制作の仕事を始める前は15年間、保険会社で
営業をやっていました。
いわゆる、保険のおばちゃんと言われる仕事。

いよいよ、会社を辞める日トップに言われた言葉。
「どうせ、失敗して帰ってくるんだろ。半年もてばいいほうだよ。
席は残しておいたほうがいいよ」

最高の激励の言葉でした。
何があっても、もう二度とこの会社に戻ってくることだけはしない・・
そう、固く決心しました。

とは言え、インターネット音痴ゆえ七転八倒する毎日。
それでも、新しいスタートを踏み出してよかったと思える日が
きっと来ることを信じて今日もまたがんばりますか!

今日は秋晴れのいい天気。
# by genki-saitama | 2005-09-02 11:06
どうして、わかっちゃたんだろ?
「元気埼玉」を見た、団塊の世代君から言われてしまいました。
おもしろくない、ドキドキしない、つまらない!
そのあとの一言。
「あなた自身、人生楽しんでいないでしょ」

そうですか・・わかっちゃいましたか。
そういえば今までずっと会社と家の往復だけ。
趣味と言えば、友達と行く旅行くらい。映画だってこの間見たのは
いつだろう。このところ、ジムにも行っていない・・・(おなかが出てきた)

だから、急に定年後の趣味を探せと迫られる辛さはよーくわかります。
とりあえず、毎日埼玉県内をセッセと歩いておもしろいこと、おもしろい人を
探しております。


人生お楽しみはこれからだーい!
# by genki-saitama | 2005-09-01 18:18
見てしまった・・・!
話には聞いていたけれど今日はあのヨン様パワーの
すごさを見てしまった。
さいたま新都心のアリーナ前の広場は、おばさまたちで一杯!
5万人集まったって、タクシーの運転手さんが
言っていた。九州、大阪、とにかく日本中から
集まった。
京都からは貸切バスが50台来たとか・・

駅前で知らない60代のおばさまに「今日は
とっても幸せ」と話しかけられた。
目がキラキラしてすごくうれしそうだった。なんだか、
私までうれしくなった。
なんと言われようと、好きなこと、好きなもの、好きな人が
あるって幸せだよね。
それにしても、団塊の世代の男性だって素敵な人
たくさんいると思うのだけれど・・・
がんばれ!団塊の世代のおじさんたち。
# by genki-saitama | 2005-08-31 17:05
はじめまして!元気埼玉のスタッフです。
元気埼玉は今年の5月の半ばにスタートした、団塊の世代の応援サイト
です。
全国で約700万人と言われる団塊の世代。もうじき、そのほとんどが
会社生活を卒業していきます。
私は、ちょっと一足先に卒業して「サイト作り」と言う新しい仕事に取り
組んでおります。
インターネットに全く無縁の、もと保険会社の営業のオバサンの冒険的新生活。
なにしろ、埼玉については、駅と自宅の500メートルだけしか知らなかった
もので、今、埼玉の情報を仕入れるために県内中を、歩きまわっております。

団塊の世代の人たちが、職場から地元埼玉に帰って来る日のために
今からお役立ち情報をたくさん集めて行きたいと思っています。

昨日は、24時間テレビで100キロを走る、団塊の世代の丸山弁護士を
見て「私もジョギング始めようか」と真剣に思ってしまいました。
埼玉はこれからハイキングにいい季節、「元気埼玉」を開いてみてください。
e0061038_1763695.jpg
# by genki-saitama | 2005-08-29 17:17




団塊世代の応援サイト・元気埼玉のスタッフの取材日記
by genki-saitama

【運営サイト】
団塊の世代の応援サイト「元気埼玉」
学校給食情報サイト「はなまる給食」

♪元気埼玉専用のSNS「元気日本」がスタートしました。ご希望の方に招待状をお送りいたします。コメント欄に非公開で、メールアドレスをお書き下さい。ご参加お待ちしています♪

「ミューおばさんの自己紹介」
ミューおばさんは、ポスト
団塊世代。

55歳で突然に退職し、
自分の会社を設立。
しかも全く未知の
インターネットの世界へ。

ワオーンと吠えたり、
キャイーンと
鳴いたり・・・悪戦苦闘の繰り返し。
短い足で走り回る、ミューおばさんの日記です。



【お気に入りリンク】

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery

団塊女性の体験的リタイア生活

黒めだかのブログ

団塊の世代の中年おやじ

ねこじゃら日記

一花一葉byアツシ

四万十川と足摺岬に間にある大岐の浜

めいてい記

団塊.com

おばば奇譚

流木民

毎日手紙を描こう

南アルプス里山博物誌

たこぼう日記

団塊の女性よ これからです

気まぐれフォト日記

旅・遊・食そして住まうということについて

団塊世代のロハスな日々

七五三 昌勝のブログ

世界一小さな放送局!社長日記

つれづれ日記

春のよき日に

雲に乗りた~い

MEMORY

心にゆとりを

Auntieモナカの徒然ブログ

Happy's blog

国境の村から

さっちゃんの「晴れのち晴れ」

山椒の実

打たれ強く生きる

在日中国人女性の随筆

森林インストラクター・豊島襄のフィールド・ノート

長州より発信

団塊/熟年世代

限りあるときを輝いて



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧